MTG翻訳したいブログ

金魚(mtggoldfish.com)にある、自分にだけ需要がある記事を翻訳する俺得ブログ

【翻訳】Much Abrew:おおっと、土地が無い(The Spy)(パイオニア)

通常は毎週月曜に投稿されますが、なぜか土曜に投稿されていました。


原文

www.mtggoldfish.com

やぁ、みんな! Much Abrew About Nothing へようこそ。ゼンディガーの夜明けの両面フリップカードが、土地を置き換えることでほぼすべてのデッキにどう入るかについては多くのことがなされてきたが、多分さらにわくわくする側面は、古いフォーマットで有効になる新しいデッキだろう。《ゴブリンの放火砲/Goblin Charbelcher》のような、デッキに土地がないことに積極的に気にかけるカードがある。そして、モードを持つ両面カード(MDFC)は戦場に土地として置くことができるが、ルール的にはデッキに土地がないおかげで、こういった戦略をサポートするには完璧だ。

マジックで最も悪名高い「土地がない」デッキに、The Spy がある。伝統的にこのデッキは、《Lotus Petal》のような速いマナが出るレガシーでのみプレイできる。モードを持つ両面カード(MDFC)のおかげで、他のフォーマットでも同じようなことができるようになった。今日は、パイオニアで The Spy をプレイしよう。目標は単純だ。このデッキには「実際の」土地がないため、《欄干のスパイ/Balustrade Spy》や《地底街の密告人/Undercity Informer》で自分自身を対象に解決できれば、文字通り自分のデッキ全部を切削でき、《這い寄る恐怖/Creeping Chill》と《銀打ちのグール/Silversmote Ghoul》と《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》の組み合わせでゲームに勝つ。ちょっと運が良ければ、《絡みつく花面晶体/Tangled Florahedron》と《金のガチョウ/Gilded Goose》の助けがあると、3ターンという早さでこれができる。土地なしデッキはパイオニアで戦うことができるのか? このコンボはどのくらい一貫性があるのか? 動画に行って見つけ出そう。その後でこのデッキについてもっと話をしよう!

簡単な注意:もし Much Abrew About Nothing のシリーズや他の MTGGoldfish の動画を楽しみたいなら、MTGGoldfish の YouTubeチャンネル登録して、最新で最高のものを追いかけよう。

動画

 youtu.be

おおっと、土地が無い(The Spy

  • メイン
Unknown
1 悪戦+苦闘/Driven+Despair  
Sorcery
4 思考囲い/Thoughtseize {B}
4 這い寄る恐怖/Creeping Chill {3}{B}
Land
4 変わり樹の共生/Turntimber Symbiosis  
4 バーラ・ゲドの復活/Bala Ged Recovery  
4 アガディームの覚醒/Agadeem's Awakening  
4 絡みつく花面晶体/Tangled Florahedron  
4 ハグラの噛み殺し/Hagra Mauling  
3 海門修復/Sea Gate Restoration  
4 ペラッカの捕食/Pelakka Predation  
Instant
1 塵へのしがみつき/Cling to Dust {B}
Creature
2 銀打ちのグール/Silversmote Ghoul {2}{B}
4 金のガチョウ/Gilded Goose {G}
1 タッサの神託者/Thassa's Oracle {U}{U}
1 憑依された死体/Haunted Dead {3}{B}
4 秘蔵の縫合体/Prized Amalgam {1}{U}{B}
4 欄干のスパイ/Balustrade Spy {3}{B}
4 地底街の密告人/Undercity Informer {2}{B}
2 世界棘のワーム/Worldspine Wurm {8}{G}{G}{G}
  • サイドボード
2 突然の衰微/Abrupt Decay {B}{G}
4 暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy {B}{G}
4 強迫/Duress {B}
4 神聖の力線/Leyline of Sanctity {2}{W}{W}
1 ナルコメーバ/Narcomoeba {1}{U}

議論

  • ショックを受けるくらいうまくいった。どういうわけか、パイオニアリーグで 5-0 し、途中で2ゲームしか落とさなかった! 複数回完璧な瞬間で《欄干のスパイ/Balustrade Spy》を引くというちょっとした幸運と、多すぎる墓地対策があったが、このデッキは速く一貫性があり、驚くほど強かった。
  • 対戦に向かうと、俺はこのデッキは、かなりジャンキーで 2-3 か 3-2 に行けばぞくぞくするだろうと予想していた。だから比較的簡単に 5-0 で終えたことは、このデッキが予想を大幅に超えたということだ。
  • 良い知らせから始めよう。このデッキはソリティアして3~4ターン目で倒すのが、本当に優れている。本当にゲームに勝つ必要なことすべては、4マナと《欄干のスパイ/Balustrade Spy》か《地底街の密告人/Undercity Informer》だ。ロンドン・マリガンのおかげで、《欄干のスパイ/Balustrade Spy》を探すのに5枚やある意味4枚に積極的にマリガンする余裕があり、このデッキには計8枚あるので、確率は最低でも1枚は見つけらそうである。
  • 一度《欄干のスパイ/Balustrade Spy》か《地底街の密告人/Undercity Informer》が解決すると、自分のデッキを全部切削する。普通、これは負けを意味するが、2枚ある《世界棘のワーム/Worldspine Wurm》がライブラリに戻ってシャッフルし、複数ターンを買ってフィニッシュすることができる。ピンチのときは、引いた後ライブラリに2回戻した後、《憑依された死体/Haunted Dead》を使って《世界棘のワーム/Worldspine Wurm》を捨てることができる。そしてライブラリにカードが無くなるまで、2ターン以上得られる。
  • ありがたいことに、普通はデッキを切削したあとゲームを終わらせるのに長くは掛からない。4枚の《這い寄る恐怖/Creeping Chill》を切削することで 12 ダメージ(と 12 点回復)を与え、これにより2枚の《銀打ちのグール/Silversmote Ghoul》が誘発し、その後で4枚の《秘蔵の縫合体/Prized Amalgam》が誘発する。つまり、直接 12 点ダメージに加え、戦場にある6体で合計パワー 18 になり、特に3~4ターン目に起これば、一撃でゲームに勝つには十分なはずだ。もしブロッカーを心配しているなら、《悪戦+苦闘/Driven+Despair》の余波で全体に威迫を与えることができ、さらにダメージを通すことができる。かなりまれだが、自然に手札に来るか、切削後《立身+出世/Claim+Fame》でリアニメートするかで、ときどき1枚入っている《タッサの神託者/Thassa's Oracle》で勝つこともある。
  • 基本的に The Spy の長所は、速さと一貫性の両方があることだ(特に積極的にマリガンする場合)。しかし悪い知らせもいくつかある…
  • それで、パイオニアにける The Spy の欠点は何か? まず、墓地対策がかなり優れていることだ。サイドボードに《突然の衰微/Abrupt Decay》や《暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy》のような回答があるが、もし見つけられないと、本当にゲームに勝つことができなくなる。次に、干渉が問題になる。《欄干のスパイ/Balustrade Spy》か《地底街の密告人/Undercity Informer》を見つけるために積極的にマリガンするので、1枚の《思考囲い/Thoughtseize》か打ち消し呪文で、このデッキを葬ることができる。そして再構築するのに何ターンか(さらに多くのターンか)掛かりそうであり、そんなときはすでに死んでいそうである。サイドボードは(墓地対策を取り除く多くの方法、打ち消し呪文と戦う《強迫/Duress》、《思考囲い/Thoughtseize》と他の手札破壊呪文を避ける《神聖の力線/Leyline of Sanctity》)、こういったカードと戦う助けになるようにデザインされているが、ある意味 The Spy はガラスの大砲である。強力で一貫性があるが、干渉して倒すのもどこか簡単だ。
  • モードを持つ両面カード(MDFC)土地については、唱えることはめったにない。《絡みつく花面晶体/Tangled Florahedron》は一番唱える MDFC で、《バーラ・ゲドの復活/Bala Ged Recovery》や《アガディームの覚醒/Agadeem's Awakening》を《タッサの神託者/Thassa's Oracle》を墓地から戻すのに時々使う。他については、MDFC は基本的にコンボをサポートするための土地として数えない本当に奇妙な土地である。
  • それで、パイオニアで The Spy をプレイすべきか? 今日のリーグを基にすると、その答えは明らかに YES だ。しかしこのデッキを回して買う前に簡単な警告たある。このデッキは、予想していない対戦相手に対しては本当に優れているが、より多くの人が取り上げると悪くなりそうだということだ。もし The Spy が トップ Tier デッキとして発展すると、対戦相手はさらに墓地対策を増やして抑止し始めるだろう。最後には、俺は The Spy は競技的だと思うが(明らかに Magic Online リーグで 5-0 は十分優れている)、長期的な未来では、ちょっと雲行きが怪しい。対策が増えることで、このデッキを Tier2 から Tier3 にすらしてしまうかもしれない。それでもまだ、このデッキは超独特で驚くほど強力だ。だから、もし君が本当にクールで新しくゼンディガーの夜明け的な方法でパイオニアへアタックするデッキを探しているなら、特にまだちょっとレーダーの下にある今なら、確かな選択肢だ。

 

【翻訳】Budget Magic:$20 青緑キッカー(スタンダード)

ローテーション直前は、面白い記事が出てこないので辛い。ようやくローテーション後の記事が出てきた。

 

原文:

www.mtggoldfish.com

ゼンディガーの夜明けはここにある。つまり、ばかげたくらい安くばかげたくらい楽しいデッキ、青緑キッカーで新しいスタンダードを探求を始めるときだということだ! 紙でわずか $20 強で、神話レア0枚、レア19枚(ほぼ半分は土地)でできるので、青緑キッカーはスタンダードのデッキでほぼ可能な限り安いデッキだ。もっと重要なことは、このデッキは奇妙に効果的で超楽しいということだ! 今日の話は、先週水曜日のアーリーアクセスで記録した(招待してくれてウィザーズありがとう!)。つまり他に選択肢がないので、BO1 のスタンダードをプレイしたということだ。しかし心配しないでくれ。来週は BO3 に戻る。たとえ BO1 でのプレイだったとしても、BO3 用にサイドボードを加えておいた。ともかく、キッカーはスタンダードでどのくらい優れているのか? この $20 でどんなスイートなトリックをもたらしてくれるのか? 動画に行って見つけ出そう。その後でこのデッキについてもっと話をしよう!

簡単な注意:もし Budget Magic や他の MTGGoldfish のコンテンツを楽しむなら、MTGGoldfish の YouTubeチャンネル登録して、最新で最高のものを追いかけよう。

動画

youtu.be

青緑キッカー

  • メイン
Sorcery
3 洞察の碑文/Inscription of Insight {3}{U}
3 荒地の開墾/Reclaim the Wastes {G}
Land
6 森/Forest  
4 神秘の神殿/Temple of Mystery  
6 島/Island  
4 マキンディの玉座/Throne of Makindi  
2 茨森の滝/Thornwood Falls  
Instant
4 乱動への突入/Into the Roil {1}{U}
Enchantment
4 ドレイクの休息地/Roost of Drakes {U}
4 泡の罠/Bubble Snare {U}
Creature
4 珊瑚兜の年代記編者/Coralhelm Chronicler {2}{U}
4 分かたれし水流、ヴェラゾール/Verazol, the Split Current {X}{G}{U}
4 蔦ヤモリ/Vine Gecko {1}{G}
4 ムラーサの発芽種/Murasa Sproutling {2}{G}
  • サイドボード
2 壊れた翼/Broken Wings {2}{G}
2 蛙化/Frogify {1}{U}
4 凪魔道士の使い魔/Lullmage's Familiar {1}{G}{U}
3 否認/Negate {1}{U}
4 魂標ランタン/Soul-Guide Lantern {1}

デッキ

青緑キッカーはこぎつけるのに厳しいデッキだ。キッカーのメカニズムを悪用することがすべてであるが、おまけでちょっとランプする、テンポとミッドレンジが奇妙にまじったようにプレイする。このデッキは、一握りのキッカーベースの対価と、その後でたくさんのキッカー呪文を中心にして構築されている。

対価

最高で一番重要な対価は《ドレイクの休息地/Roost of Drakes》だ。このカードは、キッカー呪文を唱えるといつでも 2/2 ドレイクを1体生む1マナエンチャントか、自身がキッカーを持っているおかげで、場に出たとき(同時に他のキッカーの対価の誘発もする) 2/2 ドレイクを1体生む4マナエンチャントである。序盤では、飛行を安定して出し続けることで、対戦相手の攻撃を遅くするチャンプブロッカーになり、終盤に圧倒する準備をする時間を稼ぐ。さらにもっと後で、ドレイクの群れがメインの勝ち条件となり、対戦相手を空から倒す。

2つ目のキッカーの対価は、新しいキッカーの伝説、《分かたれし水流、ヴェラゾール/Verazol, the Split Current》だ。やや独特なテキストのおかげで、《分かたれし水流、ヴェラゾール/Verazol, the Split Current》は《石とぐろの海蛇/Stonecoil Serpent》のようにスケーリングし、マナをすべて注ぎ込めば、でかいボディが得られる。もっと重要なことは、カウンターを除くとキッカー呪文を、パーマネントも含んでコピーでることであり、《分かたれし水流、ヴェラゾール/Verazol, the Split Current》は《ドレイクの休息地/Roost of Drakes》を増やし、キッカーベースの除去とフィニッシャーのキッカー呪文を倍にする手段になっている。

最後は《珊瑚兜の年代記編者/Coralhelm Chronicler》で、デッキをつなげる糊になっている。場に出たとき26枚のキッカー呪文を掘り進め、その後、呪文をキッカーするとルーティングできるので戦場から安定性が追加で得られ、終盤不要なら余分な土地とランプ呪文をフィルターでき、安定して行動し続ける助けになる。《分かたれし水流、ヴェラゾール/Verazol, the Split Current》ほど爆発しないし、《ドレイクの休息地/Roost of Drakes》ほどゲームのフィニッシャーとして本質ではないが、《珊瑚兜の年代記編者/Coralhelm Chronicler》が加えてくれる安定性は、このデッキを成功させる本質である。

ランプ

キッカー呪文の欠点は、キッカーするととても高コストであることだ。つまり、土地を出しランプすることが本質ということだ。《蔦ヤモリ/Vine Gecko》はキッカー呪文にとって、でかい脅威にも成長するランプ呪文の本質であり、ちょっとした古い探検デッキでの《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》のようになっている。一方、《荒地の開墾/Reclaim the Wastes》と《巨森の波動/Vastwood Surge》は両方とも、このデッキでは2つの責務を持っており、確実に土地を出せるようにし(あるいはあからさまにランプし)、同時に《ドレイクの休息地/Roost of Drakes》で誘発したり《分かたれし水流、ヴェラゾール/Verazol, the Split Current》でコピーできる、キッカー呪文でもある。《荒地の開墾/Reclaim the Wastes》は土地枠と見なせ、実際の土地を減らすことができ、カラディシュ期スタンダードでの《霊気との調和/Attune with Aether》にとても良く似ているし、《巨森の波動/Vastwood Surge》もメインのフィニッシャーになれる。実際に勝つ一番よくある方法は、《ドレイクの休息地/Roost of Drakes》で数体ドレイクを生み、その後《巨森の波動/Vastwood Surge》をキッカーして(できればコピーして)+1/+1 カウンターの束を飛行に乗せ、大きな一撃で勝つことができる。

キッカー除去

青緑キッカーは高コストなキッカー呪文のせいで、動き出すのに時間が掛かる。そして終盤非常に強力なので、このデッキをプレイするうえで一番重要な側面は、キッカーの計画が整うまで序盤生き残ることである。このために、テンポ風なキッカーベースの除去の束に頼っている。《泡の罠/Bubble Snare》は驚くくらい効果的で、たった1マナで対戦相手のクリーチャーを1体タップし続けることができる。《一瞬/Blink of an Eye》(訳注:《乱動への突入/Into the Roil》の誤り。効果は同じだけど)と《洞察の碑文/Inscription of Insight》は両方とも、対戦相手のクリーチャーをバウンスし、ドレイクを生みキッカー呪文をコピーし始める時間を稼ぐことができる。《洞察の碑文/Inscription of Insight》は4マナでも有効だが、キッカーすると正気でなくなる。すべてのモードが選ぶと、5対1交換ができる可能性がある。

最後にキッカー風《永遠の証人/Eternal Witness》である《ムラーサの発芽種/Murasa Sproutling》だ。キッカーすると5マナでやや高コストだが、墓地からキッカー呪文を戻せるのは強力で、《洞察の碑文/Inscription of Insight》と《乱動への突入/Into the Roil》で対戦相手のクリーチャーをバウンスし続けるか、《巨森の波動/Vastwood Surge》を戻して自クリーチャー全体を成長させ続けることができる。アグロに対しては3マナで単に唱えてブロッカーにもでき、常に終盤2枚目で戻ることを知っておこう。

マナ

マナベースの大半は、単に典型的なマナを合わせているだけだが、《マキンディの玉座/Throne of Makindi》は述べる価値がある。キッカー呪文用のマナを貯めておく能力は、実際非常に強力だ。もしこれをプレイし2ターン目にカウンターを1つ載せれば、3ターン目に《ドレイクの休息地/Roost of Drakes》や《乱動への突入/Into the Roil》をキッカーする4マナを得ることができる。その後では、余分なマナは8マナ以上を得て《洞察の碑文/Inscription of Insight》や《巨森の波動/Vastwood Surge》をキッカーする助けになる。Arena では、レアのワイルドカードを温存するめに《マキンディの玉座/Throne of Makindi》をカットしたい誘惑に駆られるが、俺はそうしないだろう。このデッキでは本当に強力だ。

デッキのプレイ方法

青緑キッカーをプレイする一番重要な側面は、序盤安定させることに注力することだ。キッカーの力のおかげで、遅いゲームはほとんどすべてのゲームに勝つことができる。困難はそこへ行くことだ。《泡の罠/Bubble Snare》、《乱動への突入/Into the Roil》、《洞察の碑文/Inscription of Insight》のようなカードを序盤にキッカーせず積極的に使うことを恐れてはならない。ゲーム終盤のパワーは、こういったカードでダメージを防いだりライフを高く保つため無駄使いする余裕があるくらい、十分すぎるある。

同じように、《分かたれし水流、ヴェラゾール/Verazol, the Split Current》も序盤に支払ってしまうことを恐れてはならない。対戦では、でかい《分かたれし水流、ヴェラゾール/Verazol, the Split Current》を唱えることはほとんどなかった。代わりに、大抵2~4マナくらいで唱え、すぐにキッカー呪文を1~2回使っていた。《分かたれし水流、ヴェラゾール/Verazol, the Split Current》に10マナ使って勝つゲームがあったとは思うが、死ぬ前に2回呪文をコピーする 4/4 として十分過ぎる。

まとめ

概して、アーリーアクセスだったので普通より高い勝率だったことは繰り返し言うが、9回 BO1 で対戦して 7-2 した。そうは言うものの、このデッキは、たくさんの異なるゲームをしているように感じた。バウンス呪文を使ってゲームを詰まらせるようするテンポプランは、クリーチャーデッキに対して超効果的だった。そして《ドレイクの休息地/Roost of Drakes》は見た目よりもずっと強力だった。わずか $20 でこれ以上強力でこれ以上楽しいデッキをプレイしたことは無いと、確信しているよ!

非Budget / 超Budget 青緑キッカー

このデッキがすでに $20 付近であることを考えると、超Budgetの構築をしようとするのは、全然意味が無いことだ。動画でプレイした構築は、紙で可能限り安い。Arena では、レア土地を減らすこと以外でコストを減らすには、あまり簡単な方法は無い。しかし、《マキンディの玉座/Throne of Makindi》は重要すぎるのでカットしてはならない。つまり、実際の選択肢は、《茨森の滝/Thornwood Falls》と基本土地のために、《神秘の神殿/Temple of Mystery》を捨てることしかない。

同様に、非Budgetの構築用に、デッキに追加するもはたくさん無いように思う。理論的には、単に強力で色が合うという理由だけで《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath》のようなカードをプレイできるかもしれないが、キッカーというテーマにはあまり働かない。値段を上げるために高額なカードを追加して「非Budgetの構築」とするよりは、単にこれをプレイし続けて、ゼンディガーの夜明けがどう解決されるかを元に必要に応じてサイドボードを調整するだろう。

 

【翻訳】部族リリアナ(ヒストリック)

リリアナが強いというより、周辺のカードが強いように見える。


原文:

www.mtggoldfish.com

やぁ、みんな! Much Abrew About Nothing へようこそ。アモンケット・リマスタリーのおかげで、今ヒストリックには3種類のリリアナがいる。《死者を目覚めさせる者、リリアナ/Liliana, Waker of the Dead》(俺が気に入っている新しいカードだ)、アモンケット・リマスタリーから《死の権威、リリアナ/Liliana, Death's Majesty》、そして《戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General》だ。黒単の枠組みですべて一緒に置き、リリアナ・トロンを紡いだら何が起こるのか? 動画に行って見つけ出そう。その後でこのデッキについてもっと話をしよう!

簡単な注意:もし Much Abrew About Nothing のシリーズや他の MTGGoldfish の動画を楽しみたいなら、MTGGoldfish の YouTubeチャンネル登録して、最新で最高のものを追いかけよう。

動画

youtu.be

部族リリアナ

  • メイン
Planeswalker
2 戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General {4}{B}{B}
3 死の権威、リリアナ/Liliana, Death's Majesty {3}{B}{B}
4 死者を目覚めさせる者、リリアナ/Liliana, Waker of the Dead {2}{B}{B}
Land
2 爆発域/Blast Zone  
17 沼/Swamp  
4 ロークスワイン城/Castle Locthwain  
2 ボジューカの沼/Bojuka Bog  
Instant
1 無情な行動/Heartless Act {1}{B}
2 闇の掌握/Grasp of Darkness {B}{B}
1 ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt {2}{B}{B}
4 残忍な騎士/Murderous Rider {1}{B}{B}
Enchantment
1 ファイレクシアの闘技場/Phyrexian Arena {1}{B}{B}
Creature
1 豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury {2}{B}{B}
1 白金の天使/Platinum Angel {7}
4 才気ある霊基体/Gifted Aetherborn {B}{B}
1 戦慄の存在/Dread Presence {3}{B}
1 絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger {10}
4 群れネズミ/Pack Rat {1}{B}
1 虐殺のワーム/Massacre Wurm {3}{B}{B}{B}
  • サイドボード
2 絶滅の契機/Extinction Event {3}{B}
1 豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury {2}{B}{B}
2 闇の掌握/Grasp of Darkness {B}{B}
4 虚空の力線/Leyline of the Void {2}{B}{B}
1 虐殺少女/Massacre Girl {3}{B}{B}
2 魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass {2}
2 思考のひずみ/Thought Distortion {4}{B}{B}
1 魔女の復讐/Witch's Vengeance {1}{B}{B}

議論

  • 部族リリアナはとても正気ではなかった。ダイアモンドで 5-0 しただけでなく、迷路の終わりという狂った対戦に対して途中で1ゲーム負けただけだった。もっと印象的だったことは、コントロールエスパー・コントロール)、コンボ(迷路の終わり、ジャンド・サクリファイス)、ミッドレンジ(ゴルガリ)、アグロ(フェザー)を倒したことだ。このデッキは、優れた除去、手札破壊、脅威、そしてもちろんリリアナという優れた組み合わせで、大半の主要なアーキタイプに対し、優れた対戦であるように感じた。
  • すべてのリリアナは単独でしっかりとしたカードだ。プレイしたどんなデッキやフォーマットでも、《死者を目覚めさせる者、リリアナ/Liliana, Waker of the Dead》はいつもパフォーマンスが高いし、今日も違っていることはなかった。何かを倒したり手札を捨てさせたりすること以外では、奥義が撃てると対戦相手の《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath》を毎ターンリアニメートして、ライフ回復とカードを引ける。普通、《死者を目覚めさせる者、リリアナ/Liliana, Waker of the Dead》の+1でカードを1枚捨てなければならないことは欠点であるが、次のリリアナのおかげで、部族リリアナの場合、いつもそうとは限らない…
  • 《死の権威、リリアナ/Liliana, Death's Majesty》は《死者を目覚めさせる者、リリアナ/Liliana, Waker of the Dead》とほぼコンボをする。4ターン目に《死者を目覚めさせる者、リリアナ/Liliana, Waker of the Dead》をプレイして《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》、《白金の天使/Platinum Angel》、《虐殺のワーム/Massacre Wurm》のようなでかい何かを捨てるために使い、そして5ターン目に《死の権威、リリアナ/Liliana, Death's Majesty》をプレイして前のターンに捨てた大きな何かをリアニメートすることができる。リアニメートといういたずら以外でも、絶え間なく続くゾンビトークンが守りに素晴らしく、終盤では攻撃にも行ける。特に《死の権威、リリアナ/Liliana, Death's Majesty》の奥義で対戦相手のゾンビ以外のブロッカーを排除できればだ。
  • リリアナのマナカーブのトップは《戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General》で、一番シナジーが無いが、多分一番強力なリリアナだ。《戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General》は他のリリアナとあまり特別なことをしないが、素晴らしいフィニッシャーであり、さらに多くのゾンビ、除去、ほとんど常にゲームに勝てる奥義がある。
  • リリアナがこのデッキで一番わくわくする部分だが、このデッキがとてもうまくやれる理由の一部には、本当にしっかりとした干渉、まずまずのクリーチャー、優れたカードドローがあるからだ。《思考囲い/Thoughtseize》はヒストリックで一番強力なカードかもしれない。リリアナと《闇の掌握/Grasp of Darkness》、《無情な行動/Heartless Act》、《残忍な騎士/Murderous Rider》のような呪文からの除去が合わさって、対戦相手が提示できるとても多くのものに対して回答がある。
  • クリーチャー的なものにつては、《才気ある霊基体/Gifted Aetherborn》と《群れネズミ/Pack Rat》がメイン4枚入りで、《才気ある霊基体/Gifted Aetherborn》はアグロに対してある程度のライフゲインになり、より大きなクリーチャーには接死持ちブロッカーになる。つまりすべての大して優れているが、コントロールに対しては貧弱だ。しかしたとえコントロールに対しても、2マナ 2/3 は悪くはない。一方《群れネズミ/Pack Rat》は対戦相手に除去が無いと、これ自体でゲームを盗ることができるし、たとえ序盤にすぐ死んでも、対戦相手の手札が空になれば、いつでも後で《死の権威、リリアナ/Liliana, Death's Majesty》を使ってリアニメートできる。
  • クリーチャーの残りは1枚入りのお好み枠で、引けるか《死の権威、リリアナ/Liliana, Death's Majesty》で切削できる、リアニメート対象のバリエーションになる。《絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger》が一番やばいリアニメートの対象で、わずか数回の攻撃でゲームを終わらせられる。《白金の天使/Platinum Angel》は当たり外れがあり、対戦や対戦相手がどのくらい簡単に倒せるかに寄るが、ときどき負けを防いでゲームを盗ることがある。《虐殺のワーム/Massacre Wurm》は、ゴブリンのようなクリーチャーを横展開するデッキに対して素晴らしい。《豪華の王、ゴンティ/Gonti, Lord of Luxury》は特にミッドレンジとコントロールに対して特に有益で、戦場に入ったときの誘発が、カードアドバンテージをじっくり産む。最後に《戦慄の存在/Dread Presence》は、多くのよく使われる除去に対してもろく死にやすいが、アグロに対して何点かのライフゲインと除去になり、コントロールに対してはカードが引ける。
  • それで、ヒストリックで部族リリアナをプレイすべきか? 俺は、その答えはとても明確に YES だと思う。ぶっちゃけ、このデッキの良さと楽しさに驚いた。強力なカードがたくさんありデッキ名のプレインズウォーカーがすべてあるので、少なくてもそこそこだろうと考えていたが、場を転がしゲームをほとんど落とさないとは予想していなかった。このデッキはミームっぽく見えるが、実際はかなり競争力がある。そして、スィートはプレインズウォーカーとスパイシーな1枚入りカードのおかげで、超楽しくプレイもできる!

 

【翻訳】九つの命ロック(ヒストリック)

原文

www.mtggoldfish.com

やぁ、みんな。第253回目の Against the Odds へようこそ。先週 Against the Odds の候補は無かった。つまり今日は特別回ということだ! 《九つの命/Nine Lives》がスポイラーされて以来、俺はこのカードと《厳粛/Solemnity》で対戦相手をロックする方法を見つけるのを待っていた。配信で、パイオニアでこのコンボを試したが、全然成功しなかった。しかし今、アモンケット・リマスタリーのおかげで、ヒストリックには《厳粛/Solemnity》がある! 《厳粛/Solemnity》と《九つの命/Nine Lives》のコンボのおかげで(死なないことにより)勝率はどのくらいなのか? 動画に行って見つけ出そう。その後でこのデッキについてもっと話をうしよう!

簡単な注意:もしまだなら、MTGGoldfish の YouTubeチャンネル登録しよう。

動画

youtu.be

九つの命ロック

  • メイン
Land
2 アーデンベイル城/Castle Ardenvale  
4 寺院の庭/Temple Garden  
3 森/Forest  
4 豊潤の神殿/Temple of Plenty  
4 まばらな木立ち/Scattered Groves  
4 陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove  
Enchantment
4 イクサランの束縛/Ixalan's Binding {3}{W}
2 封じ込め/Seal Away {1}{W}
2 ギデオンの介入/Gideon's Intervention {2}{W}{W}
2 空位の玉座の印章/Sigil of the Empty Throne {3}{W}{W}
4 厳粛/Solemnity {2}{W}
4 女魔術師の存在/Enchantress's Presence {2}{G}
2 払拭の光/Banishing Light {2}{W}
4 九つの命/Nine Lives {1}{W}{W}
4 狼柳の安息所/Wolfwillow Haven {1}{G}
Creature
4 セテッサの勇者/Setessan Champion {2}{G}
4 星原の神秘家/Starfield Mystic {1}{W}
  • サイドボード
3 運命を紡ぐ者/Destiny Spinner {1}{G}
3 神聖の力線/Leyline of Sanctity {2}{W}{W}
4 安らかなる眠り/Rest in Peace {1}{W}
2 魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass {2}
3 神の怒り/Wrath of God {2}{W}{W}

デッキ

九つの命ロックの中心はとても明らかだ。戦場に《九つの命/Nine Lives》と《厳粛/Solemnity》を同時に置きダメージをロックすることだが、ロック中心にした構築方法を正確に見つけることはトリッキーだ。理論的に、キーカードを唱える白マナがあるとすれば、このロックはどんなスタイルのデッキでも見つけ出すことができる。しかしながら、今日のデッキは《九つの命/Nine Lives》と《厳粛/Solemnity》のカードタイプに寄せよう。エンチャントだ。このデッキの残りは、エンチャントベースのランプ、除去、カードドローである、エンチャントレス・スタイルの枠組みである。

ロック

このデッキの心臓は、《九つの命/Nine Lives》と《厳粛/Solemnity》のコンボだ。主なアイデアは、《九つの命/Nine Lives》はダメージを与えられると、ダメージを受ける代わりに軽減し、具現カウンターが《九つの命/Nine Lives》に乗る。問題は、一度《九つの命/Nine Lives》にカウンターが9個乗ってしまうと、自身を追放し《九つの命/Nine Lives》が戦場を去って負けてしまうことである。ここで、《厳粛/Solemnity》でカウンターが乗るのを防ぐ力が発揮される。《九つの命/Nine Lives》と並んで《厳粛/Solemnity》が戦場にあると、《九つの命/Nine Lives》からダメージを軽減する恩恵を受けながら具現カウンターは乗らなくなり、戦場に両方のエンチャントを維持し続けることができる限り、ダメージでゲームに負けなくなる。これで大抵、対戦相手は勝てないことを知りカードを投げ出すことになる。しかし、実際には対戦相手のライフを0にする必要があり、その計画がある。

フィニッシャー

対戦相手を倒すなら、主な計画は、戦場に《空位玉座の印章/Sigil of the Empty Throne》があるときに、《九つの命/Nine Lives》や《厳粛/Solemnity》のようなエンチャントを唱えることで、4/4 天使の束を出すことだ。このデッキには低コストのエンチャントの束があるおかげで、《空位玉座の印章/Sigil of the Empty Throne》が戦場にあるときに自分のアンタップフェーズを迎えることができれば、大抵2体(ときどきそれ以上)の天使を毎ターン生むことができ、すぐにゲームを終わらせられる。

カードドロー

《九つの命/Nine Lives》と《厳粛/Solemnity》で対戦相手をゲーム外にロックするために、《九つの命/Nine Lives》と《厳粛/Solemnity》を引く必要がある。そのために、《セテッサの勇者/Setessan Champion》と《女魔術師の存在/Enchantress's Presence》という2枚のエンチャントレスの効果に頼る。両方ともエンチャントをプレイするとカードを引くことができる。これは、ロックパーツを見つける助けになるだけでなく、対戦相手を寄せ付けないように手札を除去で一杯にしておく助けにもなる。そして最終的に、対戦相手がロックで投了を認めないなら、《空位玉座の印章/Sigil of the Empty Throne》を引くことになる。戦場に《厳粛/Solemnity》があると、《セテッサの勇者/Setessan Champion》にカウンターが乗らないのは気まずいが、主目的は追加でカードを引くことであり、でかい脅威に育てることではない。

ランプ

《星原の神秘家/Starfield Mystic》と《狼柳の安息所/Wolfwillow Haven》は、《女魔術師の存在/Enchantress's Presence》と《セテッサの勇者/Setessan Champion》でカードの束を引き、《九つの命/Nine Lives》と《厳粛/Solemnity》を見つけ、ゲームをロックするという、エンチャントの束を唱える大きな爆発的なターンを迎えられるようにする。《星原の神秘家/Starfield Mystic》もアグロに対するゲーム序盤のブロッカーにもなるし、《狼柳の安息所/Wolfwillow Haven》は、《空位玉座の印章/Sigil of the Empty Throne》で天使を生み、《セテッサの勇者/Setessan Champion》と《女魔術師の存在/Enchantress's Presence》でカードを引くというエンチャントの利点を持っている。

除去

最後に、エンチャント・ベースの除去の束があり、ハードロックの準備をしている間、戦場を安定させる助けになる。同時に、エンチャントレスでカードも引き、後に《空位玉座の印章/Sigil of the Empty Throne》で天使も生める。《ギデオンの介入/Gideon's Intervention》は除去呪文の中で一番独特で、次の理由でデッキに入っている。対戦相手が《九つの命/Nine Lives》を壊すカードを唱えさせないようにするためだ。呪禁は《九つの命/Nine Lives》を安全に保つ助けになるが、どんな理由でも戦場から去ってしまうと負けてしまう。《ギデオンの介入/Gideon's Intervention》では、盤面に満ちたエンチャントを台無しにするだけでなく、《九つの命/Nine Lives》があると一撃で負けを引き起こす可能性がある、《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》や《次元の浄化/Planar Cleansing》のようなモノを指定する。

対戦

九つの命ロックには2つの懸念がある。対戦という点では、対戦相手がダメージで勝とうとするのかと、《九つの命/Nine Lives》と他のエンチャントに対する回答にどんな方法を持っているかだ。ありがたいことに、ヒストリックのほとんどのデッキは、いろいろな点でクリーチャーで殴って勝とうとし、九つの命ロックはこういった対戦には素晴らしい。そうは言うものの、《ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria》をしまい込んで勝とうとするコントロールデッキや、《ボーラスの城塞/Bolas's Citadel》のようなカードでライフをドレインできるデッキに対しては悪くなる。次は、《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》、《漸増爆弾/Ratchet Bomb》、《爆発域/Blast Zone》のようなカードで、《九つの命/Nine Lives》自体に対して回答できるデッキだ。《ギデオンの介入/Gideon's Intervention》と《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》が、こういった回答の能力を持っているカードに対して回答する助けになるが、呪禁エンチャントに対処する方法を持たないデッキに対してプレイしたい。基本的に、クリーチャー・ベースのアグロとミッドレンジは、素晴らしい対戦になる。コントロールデッキは悪くなるが、《セテッサの勇者/Setessan Champion》と《女魔術師の存在/Enchantress's Presence》で対戦相手より速くやれるおかげで、また勝つことができるが、《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》や《九つの命/Nine Lives》に対する他の奇妙な回答をプレイするデッキは、九つの命ロックにとって素晴らしい対戦ではない。

勝率

九つの命ロックで 5-0 したが、これには小さな注釈が付く。俺はオリジナルは、月曜日の奇襲禁止改定告知の前に録画したので、今禁止されている《死者の原野/Field of the Dead》の対戦が入っていた(そして、負けた)。もうフォーマットの一部ではないので、結局俺は替わりの対戦を録画した。なので、今時点で1回の負けをカウントすべきかは分からないが、技術的には 5-1 した。

このデッキは一般的には優れているように感じたが、《九つの命/Nine Lives》+《厳粛/Solemnity》ロックがほとんどの勝利に貢献していた。悪い対戦もあったが、一般的にはこのロックはとてもやばくて、いったん対処する方法が無く倒せないことが分かると、多くの対戦相手を屠っていった。エンチャントレスの枠組みは、これをサポートする優れた方法だが、ロック自体はおそらく他の枠組みを探索したほうが良いくらい十分強い。ヒストリックのプレイヤーは、ジャンクなプリズン風デッキに対処するのに慣れてないので、《九つの命/Nine Lives》+《厳粛/Solemnity》は、奇襲でタダで勝ちを拾う、本当に優れた方法に見える。

来週の候補

来週は古典的な Against the Odd のサブシリーズが戻ってきた。プレインズウォーカー部族だ。モダンでどのプレインズウォーカーを中心に構築すべきか? ここから投票しよう

【翻訳】Much Abrew:死者の原野/Field of the Dead はヒストリックで禁止されるべきか?

翻訳をしていたら、禁止になっていたでござる。


原文:

www.mtggoldfish.com


やぁ、みんな! Much Abrew About Nothing へようこそ。アモンケット・リマスタリーがリリースされてから数日に渡って、Arena でヒストリックをたくさんプレイしてきた。このフォーマットは一般的には楽しいが、《破滅の刻/Hour of Devastation》が追加されたせいで、《死者の原野/Field of the Dead》がすぐにフォーマットのトップへと登った。俺の最初の直感では、《死者の原野/Field of the Dead》はヒストリックでは良すぎるだった。スタンダードとパイオニアの両方(2つのフォーマットはヒストリックに一番良く似ている)で禁止された後、すでに一度一時停止になった(理解しがたい理由で解禁したが)。

しかしながら、《死者の原野/Field of the Dead》は多分禁止される必要があるだろうと述べたら、驚くほどの量の反対意見があった。ある人達は、このデッキはさほと良くないと感じているし、他の人達は、アグロやコンボデッキがゾンビ土地の威圧に対して良い対戦だと考えているようだった。結局、俺は実際このデッキをプレイしないで判定するのはおそらく公平でないだろう、ということを理解した。反対者の何人かは正しいのかもしれない。《死者の原野/Field of the Dead》がアグロに畳まれるのかもしれない。見た目ほど優れていないのかもしれない。だから今日は、科学のために(訳注:大儀名分、という意味らしい)ヒストリックで《死者の原野/Field of the Dead》をプレイしよう。ヒストリックのラダーで簡単にランクアップするので、このデッキを買うべきか? あるいは近い将来禁止されると予想すべきか? 動画に行って見つけ出そう。その後でこのデッキについてもっと話をしよう!

簡単な注意:もし Much Abrew About Nothing のシリーズや他の MTGGoldfish の動画を楽しみたいなら、MTGGoldfish の YouTubeチャンネル登録して、最新で最高のものを追いかけよう。

動画

youtu.be

死者の原野

  • メイン
Sorcery
4 約束の刻/Hour of Promise {4}{G}
2 衰滅/Languish {2}{B}{B}
2 耕作/Cultivate {2}{G}
Planeswalker
1 精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon {8}
Land
2 繁殖池/Breeding Pool  
1 水没した地下墓地/Drowned Catacomb  
1 森林の墓地/Woodland Cemetery  
2 寓話の小道/Fabled Passage  
1 異臭の池/Fetid Pools  
4 死者の原野/Field of the Dead  
1 ボジューカの沼/Bojuka Bog  
2 湿った墓/Watery Grave  
1 ロークスワイン城/Castle Locthwain  
1 内陸の湾港/Hinterland Harbor  
1 爆発域/Blast Zone  
1 ゼイゴスのトライオーム/Zagoth Triome  
1 インダサのトライオーム/Indatha Triome  
2 島/Island  
1 ジャングルのうろ穴/Jungle Hollow  
1 ケトリアのトライオーム/Ketria Triome  
2 森/Forest  
1 オラーズカの拱門/Arch of Orazca  
2 草むした墓/Overgrown Tomb  
2 沼/Swamp  
1 茨森の滝/Thornwood Falls  
Instant
2 無情な行動/Heartless Act {1}{B}
4 成長のらせん/Growth Spiral {G}{U}
Creature
3 自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath {1}{G}{U}
4 探検/Explore {2}{R}
2 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis {X}{G}{U}
1 ムル・ダヤの巫女/Oracle of Mul Daya {3}{G}
  • サイドボード
3 霊気の疾風/Aether Gust {1}{U}
2 戦争の犠牲/Casualties of War {2}{B}{B}{G}{G}
3 見栄え損ない/Disfigure {B}
1 長老ガーガロス/Elder Gargaroth {3}{G}{G}
1 墓掘りの檻/Grafdigger's Cage {1}
1 無情な行動/Heartless Act {1}{B}
1 衰滅/Languish {2}{B}{B}
1 虐殺のワーム/Massacre Wurm {3}{B}{B}{B}
1 伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales {2}{G}{U}
1 絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger {10}

議論

  • まず、デッキだ。とても直線的なターボ《死者の原野/Field of the Dead》の構築だ。メインデッキのカードを見てみるなら、31枚は土地で、18枚はランプ呪文だ。残り11枠を干渉(《思考囲い/Thoughtseize》、《無情な行動/Heartless Act》、《衰滅/Languish》のようなカード)とフィニッシャーのバックアップ(《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》、《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》)に捧げている。デッキが本当にしたいことのすべては、5マナになるまでランプ呪文をプレイし、《破滅の刻/Hour of Devastation》を使って《死者の原野/Field of the Dead》を2枚チューターして、ゲームの残りを、対戦相手がタダで出てくる土地ベースの価値に付いて行けないことを理解し、戦闘ダメージで負けるかあきらめるまで、毎ターン大量の 2/2 ゾンビを生むことに費やすことだ。
  • 対戦に目を向けると、《死者の原野/Field of the Dead》がヒストリックで禁止されるべきという考えに、俺はかなり賛成だ。デッキをプレイした後、《死者の原野/Field of the Dead》はただ禁止されるのではなく、すぐに禁止すべきということをより確信した。トップ Tier のアグロ、コンボ、コントロールに加え、《死者の原野/Field of the Dead》のミラーにも勝ち、とても簡単に 5-0 した。
  • 人々がフォーマットに《死者の原野/Field of the Dead》を維持するのを支持する主な意見には、アグロで倒せることだが、俺の経験ではあまり正しくはない。5回の対戦中2回赤単とプレイし、対戦相手はなんとか1ゲーム奪ったが、特に接戦とは感じなかった。《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath》のライフゲインから 2/2 ゾンビトークンの束を加え、優れた除去(サイドボードに《霊気の疾風/Aether Gust》と《長老ガーガロス/Elder Gargaroth》のようなオールスター)があると、《死者の原野/Field of the Dead》はアグロをただ倒すだけでなく、とてもチョロく倒せる。アグロが BO1 のヒストリックで《死者の原野/Field of the Dead》を倒すのは本当かもしれないが、BO3 では、その対戦は《死者の原野/Field of the Dead》に非常に大きく有利である。
  • 一方コントロールの対戦は、対戦相手が《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》でドローを塞ぐ嫌がらせをしたが、非常に接戦だった。しかしたとえドローすることができなくても、《死者の原野/Field of the Dead》からのゾンビトークンで、遅かれ早かれゲームが優勢になっていた。
  • これは、コントロールを倒せないデッキだと言っているわけではない。戦場にいるクリーチャーではなく、呪文で勝つある種の高速コンボデッキはチャンスがあるかもしれない。もし、アンチ《死者の原野/Field of the Dead》コンボデッキが開発されれば、《死者の原野/Field of the Dead》は、打ち消し呪文や手札破壊呪文をもっと多くプレイするのはとても簡単だろうから、100% 確証はないが。
  • それで、なぜ《死者の原野/Field of the Dead》は禁止になりうるくらい問題なのか? その答えは3つの要素がある。1つ目は、《死者の原野/Field of the Dead》が非常に強力なカードであることだ。《死者の原野/Field of the Dead》の力は、デッキが信じられないくらい安定性があることである。1~2枚《死者の原野/Field of the Dead》が戦場に出れば、このデッキはほとんど死にドローは無い。デッキトップが土地だった? そいつはすごい! タダで 2/2 ゾンビをもっと作ろう。デッキトップが土地でなかった? そいつはすごい! そのカードは戦場に土地を1~2枚置ける(さらにゾンビを生む)ランプ呪文か、《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》や《精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon》のようなフィニッシャーだ。一度始まったら、このデッキがフィズることはほとんどない。
  • 2つ目は、《死者の原野/Field of the Dead》は今、《破滅の刻/Hour of Devastation》で特に問題になることだ。ぶっちゃけ言うと、アモンケット・リマスタリーのリリースまで、俺は《死者の原野/Field of the Dead》は優れていたが、圧倒的とは感じていなかったし、一時停止も禁止もあまり必要ないと思っていた。しかし《破滅の刻/Hour of Devastation》がこの均衡を変えてしまった。戦場に直接《死者の原野/Field of the Dead》を2枚置けるのは、《成長のらせん/Growth Spiral》、《探検/Explore》、《耕作/Cultivate》、《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath》のようなランプ呪文の束のおかげで大抵4ターン目だが、このデッキを大きくスピードアップさせた。もう、《不屈の巡礼者、ゴロス/Golos, Tireless Pilgrim》で《死者の原野/Field of the Dead》を1枚掴むことは無い。今や、同じマナで2枚掴むことができる。
  • 3つ目は、このデッキは信じられないくらい対策が難しいことだ。対戦に渡って、赤のプレイヤーは《ゴブリンの廃墟飛ばし/Goblin Ruinblaster》で倒そうとし、コントロールのデッキは《世界のるつぼ/Crucible of Worlds》と、《廃墟の地/Field of Ruin》と《幽霊街/Ghost Quarter》のコンボを使ったが、十分接戦とはならなかった。現実では、《死者の原野/Field of the Dead》に対するヒストリックの対策の多くは、直接《死者の原野/Field of the Dead》と戦おうとすべきかさえ分からなくなる点で、笑えるくらい効果が無い。最高の賭けはおそらく、《死者の原野/Field of the Dead》が何かをし、《虐殺のワーム/Massacre Wurm》か《悪性の疫病/Virulent Plague》のような何かでゾンビに対処しようとすることだ。
  • このデッキをプレイした後、すべてのことを考慮すると、《死者の原野/Field of the Dead》はヒストリックで禁止される必要があると、俺はさらに確信した。すでに一度一時停止になったことを考慮すると、ウィザーズはもう一度一時停止にするのではなく、中間をカットし、即座に禁止すべきだ。何人かは、《死者の原野/Field of the Dead》は強いがアモンケット・リマスタリーでリリースされた《破滅の刻/Hour of Devastation》以前は壊れていなかったことを考慮すると、《死者の原野/Field of the Dead》を禁止する代わりに、《破滅の刻/Hour of Devastation》を禁止すべきだという意見を聞いた。この計画の問題点は、《破滅の刻/Hour of Devastation》という5マナのランプ呪文は、将来もう一度刷られそうなカードのタイプだということだ。一方、ウィザーズがタダで(マナを要求しない)価値を得る別の土地をするまでには、長い長い時間が掛かる、というのは良い賭けだ。《破滅の刻/Hour of Devastation》を禁止することで、《破滅の刻/Hour of Devastation》に似た何かが必然的に刷られるまで、症状を和らげ、短期的な解決になり、《死者の原野/Field of the Dead》をいくらかパワーダウンさせられる。《死者の原野/Field of the Dead》を禁止することで、病を癒し、《死者の原野/Field of the Dead》が良すぎてこういったことをする心配をすることなく、ウィザーズが《破滅の刻/Hour of Devastation》のような統率者用ランプ呪文を刷り続けることができるようになる。
  • それで、ヒストリックで《死者の原野/Field of the Dead》をプレイすべきか? その答えは、目的がヒストリックのランク上げなら、とても明確に YES だ。ただし早くしたほうがいい。もし《死者の原野/Field of the Dead》がまだ1~2か月後も合法だとしたら、俺は完全にショックを受けるだろう。最終的には禁止に、非常になりそうだ。BO3 のヒストリックではるかに最高のデッキであるし、簡単にミシックにランクアップできるが、禁止のリスクがあるので長期的な投資はおそらく優れていないだろう。(良い知らせは、一度《死者の原野/Field of the Dead》が禁止になると、レアのワイルドカードが4枚補充され、デッキの残りのカード、《ウーロ》、《ウギン》、《思考囲い/Thoughtseize》やそういうカードは他のデッキでも見られるので、禁止が起きても価値を失いすぎるということはないことだ。)

まとめ

ともかく、きょうはこれで全部だ。何を考えた? 《死者の原野/Field of the Dead》はヒストリックで良すぎる? 禁止すべきか? このデッキを倒す秘密の方法はある? 

 

【翻訳】Against the Odds:セルロン・ミノタウロス(ヒストリック)

アモンケットの分割カードが、リスト生成のスクリプトで処理できない。カードのデータベースをくれぇ!

 

 原文:

www.mtggoldfish.com

やぁ、みんな。第252回目の Agaist the Odds へようこそ。先週、アモンケット・リマスタリーが Arena でリリースされ、新しいカードの束がヒストリックに投げ出された。それを祝って、Against the Odds の候補はすべてアモンケット・リマスタリーからだったが、結局、古い友人であるミノタウロス部族が勝利の支配者としてやってきた。そういう訳で、今日はヒストリックへ向かって、ミノタウロスの友人の束と共に、おそらくハールーンの将軍のほうが知られている、俺の名を冠した《セルロン》をプレイしよう! 新しくスィートなジャンプスタートとアモンケット・リマスタリーで追加されたカードの助けを得た、ヒストリックでミノタウロスの勝率はどのくらいなのか? 動画に行って見つけ出そう。その後でこのデッキについてもっと話をしよう!

簡単な注意:もしまだなら、MTGGoldfish の YouTubeチャンネル登録をしよう。

動画

youtu.be

セスロン・ミノタウロス!!!

  • メイン
Sorcery
4 死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry {5}{R}{R}{R}
3 《木端+微塵/Cut+Ribbons》 {1}{R}//{X}{B}{B}
4 アイレンクラッグの妙技/Irencrag Feat {1}{R}{R}{R}
1 不気味な教示者/Grim Tutor {1}{B}{B}
Land
4 ロークスワイン城/Castle Locthwain  
4 竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit  
4 泥濘の峡谷/Canyon Slough  
7 山/Mountain  
4 血の墓所/Blood Crypt  
Creature
4 ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General {3}{R}{R}
4 血怒りの喧嘩屋/Bloodrage Brawler {1}{R}
2 戦慄衆の勇者、ネヘブ/Neheb, Dreadhorde Champion {2}{R}{R}
2 永遠衆、ネヘブ/Neheb, the Eternal {3}{R}{R}
3 蓋世の英雄、ネヘブ/Neheb, the Worthy {1}{B}{R}
4 怒血のシャーマン/Rageblood Shaman {1}{R}{R}
2 モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis {3}{R}
Artifact
4 精神石/Mind Stone {2}
  • サイドボード
2 削剥/Abrade {1}{R}
3 神々の憤怒/Anger of the Gods {1}{R}{R}
2 魔性/Bedevil {B}{B}{R}
4 虚空の力線/Leyline of the Void {2}{B}{B}
4 思考囲い/Thoughtseize {B}

デッキ

もし君が、今までの間 Against the Odds をフォローし続けているのなら、おそらく輝かしいミノタウロスの歴史を覚えているだろう。2016年に戻ると、非常にジャンキーなミノタウロスの部族デッキで負けるという、自分のやるべきことをやっていた。リクエストが多かったので、何週間か後ミノタウロス部族をプレイしたが、この部族は見た通りジャンキーで力不足だったことが分かっただけだった。ありがたいことに、2016年から多くのことが変わり、史上最強のミノタウロス《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》といった、より強力なミノタウロスの束を得た!

コンボ

《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》はこのデッキで、最高で一番強力なカードだ。2/3 ミノタウロストークン1体と追加の長所(全体をパンプするのと、威迫に加え速攻を与えてくれる)を伴った5マナ 4/4 であり、これ自体でしっかりとしたカードだが、特にすべてのクリーチャーがミノタウロスであるようなデッキでは、特に戦場に入ったときクリーチャーすべてが 2/3 ミノタウロストークンのトリガーになるので、恐ろしいことになる。単に《セルロン》を唱え、ミノタウロスの束で続けることは素晴らしいが、このデッキができる一番わくわくすることは、《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》の助けで、《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》と他3体のミノタウロスを一度に全部場に出すチートをすることだ…

セルロン・ミノタウロスは、すごく部族デッキだが、《アイレンクラッグの妙技/Irencrag Feat》と《精神石/Mind Stone》のようなカードを使って4~5ターン目に《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》にランプするという、奇妙な方法でのコンボもある。《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》は今まで刷られた中で最高のミノタウロスだが、《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》は最高のミノタウロスカードだ。異なる4種類のミノタウロスをたった4マナでライブラリから場に出す。これは、普通は 18 マナくらいの価値が得られることを考えると、ばかげた強さのチューターとばかげた強さのランプ呪文だ。それで、《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》で場に何をチートして出すのか?

状況に応じてときどき違うミノタウロスに行くこともあるが、主な《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》の山は、《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》(まだ1枚も戦場にないなら、約100% 《セルロン》を選ぶ。このミノタウロスははるかに一番重要だ)、《永遠衆、ネヘブ/Neheb, the Eternal》、《戦慄衆の勇者、ネヘブ/Neheb, Dreadhorde Champion》(ときどき《怒血のシャーマン/Rageblood Shaman》に変えることがある)、《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis》だ。

ミノタウロスのグループを選ぶとすると、《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》が解決されると何が起こるのか? 《モーギスの狂信者/Fanatic of Mogis》が対戦相手に最低7ダメージを与え、続いて《永遠衆、ネヘブ/Neheb, the Eternal》が誘発して戦闘前フェーズに最低7マナ得られ、ミノタウロスの手札を空にするために使え、さらにもう一枚《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》を唱えられる可能性もある。一方、《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》は、非トークンであるミノタウロスが戦場に入るときいつでも誘発するので、4体の 2/3 ミノタウロスも得る。最終的に、8マナで8体計パワー25を得られ、少なくても7点の直接ダメージと7マナが得られる。もし《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》を起動する十分なマナが残っているのなら、全体に速攻を与えて攻撃してすぐに勝つことができる。しかしたとえ起動できなくても、対戦相手が全体除去できなければ、次のターンで大体ゲームに勝てる。基本的に《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》は、《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》と合わさって、これ自体ですべてのゲームに勝つことができる!

ミノタウロス

《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》はこのデッキできる一番壮観なことだが、セルロン・ミノタウロスの長所には、強力で最高級の脅威とミノタウロスのロードのおかげで、ただ単にミノタウロスを唱えるだけで勝つことができることだ。《怒血のシャーマン/Rageblood Shaman》はしっかりとした3マナロードで、全体に +1/+1 するだけでなく、嫌なブロッカーを貫通するトランプルも与える。《蓋世の英雄、ネヘブ/Neheb, the Worthy》はネヘブ・トロンを完成していて、手札が1枚以下になると疑似ロードとして驚くほど強力になる。奇妙な対象な手札破壊の能力もあり、戦闘ダメージを当たると両プレイヤーの手札を捨てさせる。特に遅いコントロールやミッドレンジに対してはときどき利点になるし、捨てたいカードが手札にないと、ときどき欠点にもなる。《血怒りの喧嘩屋/Bloodrage Brawler》はこのデッキで最悪のミノタウロスだ。たとえ2マナ 4/3 は優れていても、場に出たとき1枚捨てなければならないので、除去呪文で2対1交換になることが多い。しかしながら、マナカーブの目的としては必要だ。このデッキを構築するとき俺が学んだことは、ヒストリックでのミノタウロスの最大の弱点は、低マナ域だということだ。《血怒りの喧嘩屋/Bloodrage Brawler》はかなり悪いが、このフォーマットにある他の2マナよりはずっと良い。加えて、《蓋世の英雄、ネヘブ/Neheb, the Worthy》と《血怒りの喧嘩屋/Bloodrage Brawler》から自分で捨てるアドバンテージのためのトリックがある…

《木端+微塵/Cut+Ribbons》は、《血怒りの喧嘩屋/Bloodrage Brawler》か《蓋世の英雄、ネヘブ/Neheb, the Worthy》で捨てることもできる妥当な除去呪文なので、このデッキに入れている。《永遠衆、ネヘブ/Neheb, the Eternal》、《戦慄衆の勇者、ネヘブ/Neheb, Dreadhorde Champion》、《アイレンクラッグの妙技/Irencrag Feat》のようなカードが産むマナのおかげで、ゲームの終盤、《木端+微塵/Cut+Ribbons》の《微塵》側を大量のマナで唱えることができ、対戦相手をゲーム外までドレインすることができる。《ロークスワイン城/Castle Locthwain》は、各種ミノタウロスで捨てなければならないカードの再充填と交換する方法となり、同時にデッキを掘り進めて《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》と《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》を見つける助けにもなる。

対戦

奇妙なことに、セルロン・ミノタウロスはほとんどの対戦でチャンスがあるように見える。その理由の一部には、何と対戦することになっても、《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》を解決さえすれば、ゲームに勝てるからだ。アグロに対しては、ブロック用の大きなミノタウロスと、特にサイドボード後はそこそこの除去がある。コントロールに対しては、ミノタウロスのロードで積極的なスタートを切ることができ、対戦相手が盤面を全体除去するなら、《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》と《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》で速攻で再構築できる。

勝率

どういうわけか、セルロン・ミノタウロスは素晴らしかった。5回対戦して 5-0し、まれで完璧な 100% の勝率となった。《ハールーンの将軍、セスロン/Sethron, Hurloon General》と《死呻きの鬨の声/Deathbellow War Cry》のコンボは、ミノタウロスが本当に Against the Odds 向けデッキが分からなくなるくらい優れていた。奇妙に聞こえるが、この力は、正当な競技的な選択肢かもしれない(少なくても、準競技的だ)。この部族は、5年前モダンで完全にジャンキーだったところから、今日ヒストリックで強力な競技デッキになるまで、一周して元に戻ったのかもしれない。もっと重要なことは、このデッキはトリッキーなカードアドバンテージ、部族シナジー、でかいコンボが山ほどある、独特で超楽しいということだ!

今週の候補

今週は候補は無い。来週は俺がプレイしたくてたまらない新しいヒストリックのコンボに特化したスペシャル回だ。心配しないでくれ。来週候補は戻って来る。

 

【翻訳】禁止後のスタンダード

ランプは大振りデッキだし、このままスゥルタイ・ランプがトップを完走するとは思えないのですが。もし完走したら、ランプカードが強すぎ、という評価になりそうです。


原文

www.mtggoldfish.com

先週、スタンダードに大きな禁止の鉄槌が下され、《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》、《荒野の再生/Wilderness Reclamation》、《成長のらせん/Growth Spiral》、《大釜の使い魔/Cauldron Familiar》がすべて禁止になり、多くのトップ Tier のデッキも道連れとなった。このフォーマットは、約一か月後ゼンディガーの夜明けがリリースされるともう一回改革を経験することになるが、今日はスタンダードがたった今どこにあり、禁止後の新しいフォーマットがどう見えるか、簡単にチェックしよう。

一週間はたくさんの時間ではないが、Arena のおかげで実際毎日いくつもの予選があり、Red Bull Untapped の大きなイベントと Magic リーグもあった。つまり、スタンダードが現在どういう立ち位置なのか、とても良い感覚が得られるということである。禁止後のフォーマットでは、何が働き、何がダメなのか? ローテーションする1か月に渡り、何のデッキに対してプレイすることを予想すべきか(あるいは何とプレイすることになるのか)? ここに概要がある。そう、君はスタンダードのメタゲームのページで、禁止後のスタンダードのメタ全体を見ることができる。

Tier 1

スゥルタイ・ランプ

  • メイン
Sorcery
4 煤の儀式/Ritual of Soot {2}{B}{B}
Planeswalker
4 世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World {3}{G}{G}
Land
4 寓話の小道/Fabled Passage  
3 森/Forest  
2 湿った墓/Watery Grave  
4 繁殖池/Breeding Pool  
2 沼/Swamp  
3 島/Island  
4 ゼイゴスのトライオーム/Zagoth Triome  
4 草むした墓/Overgrown Tomb  
2 欺瞞の神殿/Temple of Deceit  
Instant
4 無情な行動/Heartless Act {1}{B}
4 霊気の疾風/Aether Gust {1}{U}
Creature
4 自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath {1}{G}{U}
1 老いたる者、ガドウィック/Gadwick, the Wizened {X}{U}{U}{U}
2 萎れ/Wilt {G/W}{G/W}{G/W}
4 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis {X}{G}{U}
4 楽園のドルイド/Paradise Druid {1}{G}
  • サイドボード
3 戦争の犠牲/Casualties of War {2}{B}{B}{G}{G}
4 永遠神の投入/Enter the God-Eternals {2}{U}{U}{B}
4 神秘の論争/Mystical Dispute {2}{U}
2 害悪な掌握/Noxious Grasp {1}{B}
2 萎れ/Wilt {G/W}{G/W}{G/W}

物事が変わっても、同じであり続ける。今年スタンダードで見られた禁止の多くはシミックやランプのカードに集中していたが、最新の禁止から1週間過ぎ、トップデッキは明確にランプする青緑系デッキだ。《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath》、《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》、《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》をエンジンとするスゥルタイ・ランプは、禁止後のスタンダードで明確に一番プレイされた(そして多分一番優れている)デッキである。今週末の Red Bull Untapped の巨大なイベントでは 18.5% を占め、トップ8に5人、トップ4に4人が入り、勝率 56% であった。週末にあった SCG Tour Online 予選でも優勝し、111人のプレイヤーのイベントで、トップ8の半分を占め、同時にデイリーの SCG Tour Online チャレンジのイベントでも一番プレイされたデッキとなった(メタの 50% を超えることもあった)。物事は次の何週間かで変わりそうだが、今からローテーションまで、スゥルタイ・ランプが最高のデッキであると考えて間違えない。良い知らせがあるなら、デッキの中核を成す《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》、《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》、《戦争の犠牲/Casualties of War》を失うので(《自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath》はあるが)、このデッキはローテーションで無くなりそうだということだ。今のところ、スゥルタイ・ランプは明確にトップデッキであり、もし禁止後のスタンダードで構築するなら、頻繁に対戦することになるので、心に留めておく必要があるということだ。

ティムール・アドベンチャー

  • メイン
Sorcery
4 豆の木の巨人/Beanstalk Giant {2}{G}
4 願いのフェイ/Fae of Wishes {3}{U}
4 恋煩いの野獣/Lovestruck Beast {G}
Planeswalker
2 世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World {3}{G}{G}
Land
2 山/Mountain  
3 蒸気孔/Steam Vents  
4 踏み鳴らされる地/Stomping Ground  
4 島/Island  
4 ケトリアのトライオーム/Ketria Triome  
6 森/Forest  
4 繁殖池/Breeding Pool  
Instant
4 砕骨の巨人/Bonecrusher Giant {1}{R}
4 厚かましい借り手/Brazen Borrower {1}{U}
1 霊気の疾風/Aether Gust {1}{U}
Creature
4 エッジウォールの亭主/Edgewall Innkeeper {G}
Artifact
4 幸運のクローバー/Lucky Clover {2}
  • サイドボード
1 霊気の疾風/Aether Gust {1}{U}
1 軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke {1}{U}
1 僻境への脱出/Escape to the Wilds {3}{R}{G}
1 発展+発破/Expansion+Explosion  
1 寓話の小道/Fabled Passage  
1 投げ飛ばし/Fling {1}{R}
1 集団強制/Mass Manipulation {X}{X}{U}{U}{U}{U}
1 神秘の撤回/Mystic Repeal {G}
1 否認/Negate {1}{U}
1 世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World {3}{G}{G}
1 レッドキャップの乱闘/Redcap Melee {R}
1 巻き添え/Run Afoul {G}
1 焦熱の竜火/Scorching Dragonfire {1}{R}
1 精霊龍、ウギン/Ugin, the Spirit Dragon {8}
1 送還/Unsummon {U}

スゥルタイ・ランプほどたくさんはプレイされていないが、ティムール・アドベンチャーは、禁止後のスタンダードのトップ Tier という話の中では、現在もうひとつのデッキである。イベントでは(スゥルタイ・ランプに次いで)安定して2番目にプレイされているデッキである。このデッキはトップ8に入るのに苦戦しているが(Red Bull Untapped では完全にトップ8に入れず、SCG Tour Online 予選ではトップ8に一人だけだった)、トップ8ではなく勝率を見ると、ティムール・アドベンチャーは実際スゥルタイ・ランプより良く、両イベントで勝率 58.5% を超えており、とてもやばい。もっと最近のイベントでは、ティムール・アドベンチャーは、メタの割合という点で、スゥルタイ・ランプを倒してさえいる(火曜日の SCG チャレンジではスゥルタイ・ランプが優勝したが、ティムール・アドベンチャーは 35.7% を占め、脅威的な勝率 64.2% をたたき出していた)。どのデッキも次の1か月に渡ってスゥルタイをトップデッキから追い出すことができるなら、これはその1つだ。もっと重要なことは、(ローテーション後死にそうな)スゥルタイ・ランプと違って、ほとんどすべての重要なカードは残るということだ。もしできるだけ競技的という視点で、禁止後のスタンダードでデッキを買う(かWCを消費)したいなら、俺はおそらくスゥルタイ・ランプをやめ、代わりにティムール・アドベンチャーを組むだろう。勝率は、少なくてもスゥルタイ並に良く(多分もっと良いかもしれない)、次の1か月のデッキより、次の1年のデッキにするだろう。

Tier 2

2つのトップデッキの後、物事はずっともっともっとごちゃごちゃで、次のグループはトップ2つのデッキからかなり大きく落ち込んでいる。禁止後1週間である程度望みがあるデッキの大きなリストはあるが、メタの割合、勝率、高レベルのトーナメントの結果という点で、スゥルタイ・ランプやティムール・アドベンチャーと安定して叩けるデッキは無い。Teir 2 として述べるのにふさわしいデッキは、赤単アグロ、ティムール・エレメンタル、マルドゥ・ウィノータである。この3つの下には、ラクドス・サクリファイス、ティムール・フラッシュ、オルゾフ・ヨーリオン、緑単アグロのようなデッキはすべて、Tier 2 の状態にふさわしいという意見はある。こういったデッキすべての問題点は、大きなイベントで一貫して良くないことであり、どれだけ競争力があるかを理解するのを困難にしていることだ。

赤単アグロ

  • メイン
Land
4 エンバレス城/Castle Embereth  
17 山/Mountain  
Instant
4 ショック/Shock {R}
4 砕骨の巨人/Bonecrusher Giant {1}{R}
Creature
4 熱烈な勇者/Fervent Champion {R}
4 鍛冶で鍛えられしアナックス/Anax, Hardened in the Forge {1}{R}{R}
4 義賊/Robber of the Rich {1}{R}
4 遁走する蒸気族/Runaway Steam-Kin {1}{R}
4 焦がし吐き/Scorch Spitter {R}
3 朱地洞の族長、トーブラン/Torbran, Thane of Red Fell {1}{R}{R}{R}
Artifact
4 エンバレスの宝剣/Embercleave {4}{R}{R}
  • サイドボード
4 溶岩コイル/Lava Coil {1}{R}
1 山/Mountain  
3 レッドキャップの乱闘/Redcap Melee {R}
3 無頼な扇動者、ティボルト/Tibalt, Rakish Instigator {2}{R}
4 解き放たれた狂戦士/Unchained Berserker {1}{R}

赤単アグロは、SCGチャレンジで安定しないパフォーマンスだったが、今週末の Red Bull Untapped と SCG 予選では両方とも妥当なパフォーマンスで、勝率 50% を出していた。

ティムール・エレメンタル

  • メイン
Land
4 蒸気孔/Steam Vents  
4 寓話の小道/Fabled Passage  
3 森/Forest  
4 繁殖池/Breeding Pool  
4 ケトリアのトライオーム/Ketria Triome  
3 島/Island  
4 踏み鳴らされる地/Stomping Ground  
2 山/Mountain  
Creature
4 乱動の座、オムナス/Omnath, Locus of the Roil {1}{G}{U}{R}
2 楽園のドルイド/Paradise Druid {1}{G}
4 発現する浅瀬/Risen Reef {1}{G}{U}
4 茨の騎兵/Cavalier of Thorns {2}{G}{G}{G}
2 樹上の草食獣/Arboreal Grazer {G}
4 枝葉族のドルイド/Leafkin Druid {1}{G}
4 峰の恐怖/Terror of the Peaks {3}{R}{R}
4 自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath {1}{G}{U}
  • サイドボード
4 霊気の疾風/Aether Gust {1}{U}
3 炎の一掃/Flame Sweep {2}{R}
2 神秘の論争/Mystical Dispute {2}{U}
1 レッドキャップの乱闘/Redcap Melee {R}
3 変容するケラトプス/Shifting Ceratops {2}{G}{G}
2 萎れ/Wilt {G/W}{G/W}{G/W}

一方、ティムール・エレメンタルはおそらく Red Bull Untapped の3番目のベストデッキで、勝率はほぼ 55% で4番目にプレイされたデッキだった。しかし、SCG 予選ではずっとずっとパフォーマンスが悪く、勝率 41.3 % しかなかった。なぜ、本質的に同じメタで同じ時に起きたイベントで、このデッキはこんなに大きく勝率に違いがでるのかは明らかではないが、SCG 予選は赤単アグロが相当少なく、フラッシュが相当多かったことが、何かしているのかもしれない。

マルドゥ・ウィノータ

  • メイン
Land
4 血の墓所/Blood Crypt  
1 エンバレス城/Castle Embereth  
2 寓話の小道/Fabled Passage  
4 神無き祭殿/Godless Shrine  
1 静寂の神殿/Temple of Silence  
1 沼/Swamp  
4 サヴァイのトライオーム/Savai Triome  
4 聖なる鋳造所/Sacred Foundry  
1 凱旋の神殿/Temple of Triumph  
2 平地/Plains  
Instant
4 急報/Raise the Alarm {1}{W}
Creature
1 漆黒軍の騎士/Knight of the Ebon Legion {B}
4 無私の救助犬/Selfless Savior {W}
3 帆凧の掠め盗り/Kitesail Freebooter {1}{B}
1 軍勢の切先、タージク/Tajic, Legion's Edge {1}{R}{W}
3 災いの歌姫、ジュディス/Judith, the Scourge Diva {1}{B}{R}
4 ラゾテプの肉裂き/Lazotep Reaver {1}{B}
4 バスリの副官/Basri's Lieutenant {3}{W}
4 敬慕されるロクソドン/Venerated Loxodon {4}{W}
4 軍団のまとめ役、ウィノータ/Winota, Joiner of Forces {2}{R}{W}
3 悲哀の徘徊者/Woe Strider {2}{B}
  • サイドボード
1 苦悶の悔恨/Agonizing Remorse {1}{B}
1 荒廃甲虫/Blightbeetle {1}{B}
3 砕骨の巨人/Bonecrusher Giant {1}{R}
1 灯の燼滅/Despark {W}{B}
1 ドラニスのクードロ将軍/General Kudro of Drannith {1}{W}{B}
1 将軍の執行官/General's Enforcer {W}{B}
1 湧き出る源、ジェガンサ/Jegantha, the Wellspring {4}{R/G}
1 帆凧の掠め盗り/Kitesail Freebooter {1}{B}
3 害悪な掌握/Noxious Grasp {1}{B}
1 レッドキャップの乱闘/Redcap Melee {R}
1 軍勢の切先、タージク/Tajic, Legion's Edge {1}{R}{W}

マルドゥ・ウィノータは、半分程度しか見られなかったことを除いて、ティムール・エレメンタルと非常に良く似ている。数字では、マルドゥ・ウィノータは SCG 予選で素晴らしく、59% の勝率だったが、Red Bull Untapped ではとても悪いパフォーマンスで、勝率 47% だった。マルドゥ・ウィノータにとって良い知らせは、SCG 予選で出したティムール・エレメンタルの勝率 41% とは違い、「悪い」パフォーマンスはそれほど悪くない、ということである。マルドゥ・ウィノータがスゥルタイ・ランプ、ティムール・エレメンタルに次いで現在3番目のベストデッキであると考えるのは、妥当でないということは無い。

Tier 2.5

ラクドス・サクリファイス

  • メイン
Sorcery
4 初子さらい/Claim the Firstborn {R}
Land
2 ロークスワイン城/Castle Locthwain  
4 血の墓所/Blood Crypt  
6 山/Mountain  
4 寓話の小道/Fabled Passage  
7 沼/Swamp  
Instant
4 村の儀式/Village Rites {B}
Enchantment
1 悪魔の抱擁/Demonic Embrace {1}{B}{B}
Creature
3 波乱の悪魔/Mayhem Devil {1}{B}{R}
4 ぬかるみのトリトン/Mire Triton {1}{B}
3 死の飢えのタイタン、クロクサ/Kroxa, Titan of Death's Hunger {B}{R}
4 忘れられた神々の僧侶/Priest of Forgotten Gods {1}{B}
2 悪魔の職工/Fiend Artisan {B/G}{B/G}
4 どぶ骨/Gutterbones {B}
3 魔王の器/Archfiend's Vessel {B}
2 悲哀の徘徊者/Woe Strider {2}{B}
  • サイドボード
3 アングラスの暴力/Angrath's Rampage {B}{R}
4 強迫/Duress {B}
1 取り除き/Eliminate {4}{B}
2 発火の力線/Leyline of Combustion {2}{R}{R}
2 虚空の力線/Leyline of the Void {2}{B}{B}
3 害悪な掌握/Noxious Grasp {1}{B}

禁止が出てすぐ、ラクドス・サクリファイスが最低でもしっかりとした Teir 2 として残るチャンスは、少なくてもある程度はあるように見えた。このデッキは、Red Bull Untapped と SCG 予選でしっかりとした勝率を出していた(実際、多くのプレイヤーがこのデッキをプレイしなかったので、サンプル数は小さいが)。しかしながらつい最近では、このデッキは滑りだした。まだこのデッキがプレイされることもあるが、つい最近の SCG チャレンジでは、全然成功を収めていない。多分1週間前は Tier 2 の選択肢だったかもしれないが、現在は Tier 2.5 の範囲であり、Tier 3 へ落ちそうである。

ティムール・フラッシュ

  • メイン
Planeswalker
2 世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World {3}{G}{G}
Land
4 繁殖池/Breeding Pool  
4 蒸気孔/Steam Vents  
3 寓話の小道/Fabled Passage  
4 踏み鳴らされる地/Stomping Ground  
1 山/Mountain  
2 森/Forest  
2 神秘の神殿/Temple of Mystery  
2 島/Island  
4 ケトリアのトライオーム/Ketria Triome  
Instant
2 神秘の論争/Mystical Dispute {2}{U}
3 砕骨の巨人/Bonecrusher Giant {1}{R}
3 炎の一掃/Flame Sweep {2}{R}
2 本質の散乱/Essence Scatter {1}{U}
3 厚かましい借り手/Brazen Borrower {1}{U}
3 悪意ある妨害/Sinister Sabotage {1}{U}{U}
3 霊気の疾風/Aether Gust {1}{U}
Enchantment
2 サメ台風/Shark Typhoon {5}{U}
Creature
4 夜群れの伏兵/Nightpack Ambusher {2}{G}{G}
2 エリマキ神秘家/Frilled Mystic {G}{G}{U}{U}
1 幽体の船乗り/Spectral Sailor {U}
  • サイドボード
1 霊気の疾風/Aether Gust {1}{U}
1 炎の一掃/Flame Sweep {2}{R}
2 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis {X}{G}{U}
2 神秘の論争/Mystical Dispute {2}{U}
2 否認/Negate {1}{U}
2 レッドキャップの乱闘/Redcap Melee {R}
3 焦熱の竜火/Scorching Dragonfire {1}{R}
2 自然の怒りのタイタン、ウーロ/Uro, Titan of Nature's Wrath {1}{G}{U}

《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》が禁止されてすぐ、多くの人達からの反応は、フラッシュは非常に良いか、このプレインズウォーカーの常在能力が無いと抑制できないくらい良すぎるというものだった。ディミーアとティムール・フラッシュは、禁止後数日間はある程度プレイされていたが、結果は素晴らしくなく、プレイヤーはすぐにフラッシュから完全にどこか行ってしまったように見える。明らかに、《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》だけが、このアーキタイプを抑え込むようなものではなかった。

オルゾフ・ヨーリオン

  • メイン
Planeswalker
2 オルゾフの簒奪者、ケイヤ/Kaya, Orzhov Usurper {1}{W}{B}
Land
1 アーデンベイル城/Castle Ardenvale  
3 ロークスワイン城/Castle Locthwain  
1 サヴァイのトライオーム/Savai Triome  
7 平地/Plains  
9 沼/Swamp  
4 静寂の神殿/Temple of Silence  
4 寓話の小道/Fabled Passage  
2 インダサのトライオーム/Indatha Triome  
4 神無き祭殿/Godless Shrine  
Instant
3 残忍な騎士/Murderous Rider {1}{B}{B}
Enchantment
4 エルズペス、死に打ち勝つ/Elspeth Conquers Death {3}{W}{W}
4 予言された壊滅/Doom Foretold {2}{W}{B}
4 ケイヤの誓い/Oath of Kaya {1}{W}{B}
4 裏切る恵み/Treacherous Blessing {2}{B}
Creature
4 泥棒ネズミ/Burglar Rat {1}{B}
2 聖堂の鐘憑き/Basilica Bell-Haunt {W}{W}{B}{B}
4 魅力的な王子/Charming Prince {1}{W}
3 空を放浪するもの、ヨーリオン/Yorion, Sky Nomad {3}{W/U}{W/U}
4 ヤロクの沼潜み/Yarok's Fenlurker {B}{B}
Artifact
3 ガラスの棺/Glass Casket {1}{W}
  • サイドボード
1 聖堂の鐘憑き/Basilica Bell-Haunt {W}{W}{B}{B}
2 はぐれ影魔道士、ダブリエル/Davriel, Rogue Shadowmage {2}{B}
4 強迫/Duress {B}
1 ヘリオッドの介入/Heliod's Intervention {X}{W}{W}
4 ケイヤの怒り/Kaya's Wrath {W}{W}{B}{B}
2 軍団の最期/Legion's End {1}{B}
1 空を放浪するもの、ヨーリオン/Yorion, Sky Nomad {3}{W/U}{W/U}

オルゾフ・ヨーリオンに関して、今のところ、Tier 3 デッキであることは明確だ。Red Bull Untapped と SCG 予選の両方で、最もプレイされたデッキのトップ10 に入ったが、SCG 予選では哀れな勝率 21.5% など、両方とも恐ろしい結果を出した。オルゾフ・ヨーリオンの魅力の一部には、一貫した連続の手札破壊で、《荒野の再生/Wilderness Reclamation》デッキに対してまずまずだったことだ。そして、《荒野の再生/Wilderness Reclamation》のようなデッキ(や、ティムール再生と競って人気のあったアグロデッキ)が無くなると、このデッキは全然競争力が無いことが明らかになった。直近の大きなイベントでひどい勝率を出した後、このデッキは、プレイヤーがもっと競争力がある選択を求めるくらい、相当プレイされなくなった。

Tier 3

 禁止後のフォーマットで、最低でも競争力の兆候がある程度見られた他のデッキを探しても、そのリストが超長いということは無い。単色アグロ(緑単、黒単、白単)は(《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》下で入り込む方法として人気があった)、絶え間ない全体破壊、除去、ライフ回復があるスゥルタイ・ランプがフォーマットのトップを引き継ぎ、多かれ少なかれ完全に消えてしまった。今のところ、こういったデッキはすべて、フォーマットの低 Tier にしっかりと居座っている。各種イゼットとジェスカイ果敢は、ある程度有望であるが、今のところ完全に非主流だ。ときどき、バントや直線的なシミックと関係する非スゥルタイのランプが見られるが、両方ともスゥルタイとははるかに人気が無い。一方ジェスカイとディミーアはコントロールの職務を担っているが、現実では、他のどんな色の組み合わせがはるかに遅れをとっており、スゥルタイ・ランプが最高のコントールデッキである。

 

(後半に続… かないと思う)