MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

【翻訳】Budget Magic:エスパー安息地(スタンダード)

原文:

www.mtggoldfish.com

 

今週は、アモンケットから俺の気に入ったカードの一枚(と気に入ったメカニズムの一つ)を使って構築したデッキをプレイするため、スタンダードへ向かおう。エスパー安息地だ!
<<Drake Haven>>(と5~8枚の<<Drake Haven>>や<<Faith of the Devoted>>)は、スタンダードにおける、サイクリングで利益を得る<<Astral Slide>>や<<Lightning Rift>>タイプに近い存在だ。
そして両方ともオリジナルほど完全にはよいものではないが、非常に強力で、スタンダードで一般的なサイクリングカードのパワーレベルを考えるとなおさらだ強力だ。
おそらく、コントロールデッキで<<Drake Haven>>をフィニッシャーとして使った一番いい場合は、サイクリング土地に加え、<<Cast Out>>、<<Cencor>>、<<Hieroglyphic Illumination>>を入れて、とにかくプレイしたいたくさんのサイクリングカードがあることだ。
これは、<<Drake Haven>>を働かせるためにデッキを歪めたいのではない。その変わりに、このフォーマットでただ最高なコントロールカード(最高のサイクリングカードでもある)をプレイし、ドレイクを飛ばそう!
とにかく、動画を見よう。そしてデッキについてたくさん話そう。

 

  • デッキ紹介

https://youtu.be/HfdoXsrHpPI?list=PLtLlcD-b2JRGXhz5L4WakiG4jwpvi6xMu

  • エスパー安息地 v.s. 緑赤エネルギー

https://youtu.be/rVQwSPigmBk?list=PLtLlcD-b2JRGXhz5L4WakiG4jwpvi6xMu

https://youtu.be/VRll5QjAd20?list=PLtLlcD-b2JRGXhz5L4WakiG4jwpvi6xMu

  • エスパー安息地 v.s. 白赤人間

https://youtu.be/VWIwLUNEd-I?list=PLtLlcD-b2JRGXhz5L4WakiG4jwpvi6xMu

  • エスパー安息地 v.s. 青黒サイクリング

https://youtu.be/GnCh2KlSBkQ?list=PLtLlcD-b2JRGXhz5L4WakiG4jwpvi6xMu

  • エスパー安息地 v.s. 赤黒アグロ

https://youtu.be/FzjRgsbeowo?list=PLtLlcD-b2JRGXhz5L4WakiG4jwpvi6xMu

 

デッキリスト

Spells (24)

2 <<神聖な協力/Blessed Alliance>>
4 <<検閲/Censor>>
1 <<本質の散乱/Essence Scatter>>
3 <<鑽火の輝き/Immolating Glare>>
2 <<否認/Negate>>
4 <<明日からの引き寄せ/Pull from Tomorrow>>
2 <<呪文萎れ/Spell Shrivel>>
4 <<ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination>>
2 <<燻蒸/Fumigate>>

Enchantments (11)

4 <<ドレイクの安息地/Drake Haven>>
3 <<信者の確信/Faith of the Devoted>>
4 <<排斥/Cast Out>>

Lands (25)

4 <<進化する未開地/Evolving Wilds>>
4 <<異臭の池/Fetid Pools>>
4 <<灌漑農地/Irrigated Farmland>>
4 <<島/Island>>
4 <<平地/Plains>>
4 <<乱脈な気孔/Shambling Vent>>
1 <<沼/Swamp>>

Sideboard (15)

3 <<心臓露呈/Lay Bare the Heart>>
2 <<否認/Negate>>
1 <<新たな信仰/Renewed Faith>>
1 <<呪文萎れ/Spell Shrivel>>
2 <<イフニルの魔神/Archfiend of Ifnir>>
1 <<燻蒸/Fumigate>>
4 <<象形の守り手/Glyph Keeper>>
1 <<終止符のスフィンクス/Sphinx of the Final Word>>

 

デッキの説明

エスパー安息地はかなり単純だ。冒頭で話したように、基本的に青白コントロールデッキで、わずかに黒に色をはね散らし、大量のサイクリングカードと一緒に<<Drake Haven>>と<<Faith of the Devoted>>をフィニッシャーとして使う。
言い換えると、良い除去、いくつかのカウンター、そしてメインではノンクリーチャーの性質を活用するようにデザインされた、すてきなサイドボードがある。

 

Payoffs

<<Drake Haven>>を働かせる最大の課題は、このカードがかなり遅く、これを唱えるために(盤面を)止めておくことを要求され、さらに戦場に出した後マナが集中的にいるので、普通は大量の価値を生み出し始めるために数ターンかかる。
良い知らせは、長いゲームに渡って大量の<<Drake Haven>>が生み出す価値が、たびたび(対戦相手が)克服できなくさせることだ。
さらに良い知らせは、ドレイクトークンを生成するときいつでも、サイクリングのために新しいカードも引くので、動けなくなることがほとんどないことである。

ほとんどの時間において、このデッキの計画はチャンスがあればすぐに<<Drake Haven>>を戦場に出すことである。
そして、マナを準備する間、最初のドレイクトークンは俺たちを安全にするため、普通はチャンプブロックをさせる。
やがて、毎ターン複数のドレイクを生成し始める十分な土地(と追加の<<Drake Haven>>)を得るだろう。この地点で、攻撃モードに移行するための長い時間は不要で、ゲームを速やかに終わらせる。

<<Faith of the Devoted>>は基本的に5~7枚目の<<Drake Haven>>で、<<Drake Haven>>と一緒に回すことで、いくつかの大きなアドバンテージを得る。
このカードに限って言うと、ドレイクトークンはトークンが生きていれば毎ターン2点ダメージを与えることができるが、<<Faith of the Devoted>>は一回2点ドレインするだけなので、通常は<<Drake Haven>>より悪い。ライフゲインはアグロデッキに対して安全にすることと、とてもよく関連があるにも関わらずだ。
アドバンテージに関しては、2つ大きなことがある。<<Drake Haven>>と一緒に<<Faith of the Devoted>>を回すことは、利益をもたらすと共にやや余剰で、タイムリーにこのカードを引いて結局は戦場に複数毎出す(これは遅いゲームでは本当に重要だ)可能性が極めて高い。
加えて、<<Faith of the Devoted>>は<<Lost Legacy>>のようなカードから、いくらかの防御をもたらしてくれる。この<<Lost Legacy>>は、<<Faith of the Devoted>>の支援がないと、<<Drake Haven>>をひどいことにする。

 

サイクリング

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=428093&type=card

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=428055&type=card

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=428104&type=card

このデッキのサイクリング・カードについてすばらしいことは、サイクリング・カードのすべてが、たとえ<<Drake Haven>>がフィニッシャーとして入って無かったとしても、青白コントロールデッキで欲しいであろうカードであることだ。これは同じ名前のエンチャントを働かせるために、デッキを歪める必要は全くないということだ。
サイクリングカード全部がたった1マナでサイクルすることも重要である。実際、このことは<<Drake Haven>>/<<Faith of the Devoted>>と共に超重要である。
遅いゲームにおいて、毎ターン2、3回サイクルして(あなたがコントロールしている)<<Drake Haven>>や<<Faith of the Devoted>>全部について(起動コストを)支払いたい。2マナサイクリング・カードでこれをするのは難しい。

サイクリング・カードに限って言うと、<<Censor>>は2、3ターン目においてはすばらしいカウンターだが、ゲームが進行するにつれて、すぐに価値を失う。
<<Cast Out>>は、現在のスタンダードにおいて<<Hero's Downfall>>に近いもので、戦場に横たわるやっかいなパーマネントを取り除く。
最後に<<Hieroglyphic Illumination>>は、基本的に<<Glimmer of Genius>>の「サイクリングするやつ」版だ。
前にも言ったように、これらのカード全部は、たとえ<<Drake Haven>>が回せなかったとしてもデッキに要るし、対戦相手のライフを奪ったりドレイクを生成しているときは更に良いだろう。

<<Irrigated Farmland>>や<<Fetid Pools>>は、追加のサイクリングだ(サイクリング・カードの数は20になる)。このカードを置くときのコストはとても低い。ゲームの序盤では、わずかにじれったくさせるタップイン土地だし、ゲームの終盤では、ドレイクやドレイン、新しいカードになる。

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=428292&type=card

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=428290&type=card

 

コンボフィニッシュ

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=428112&type=card

<<Pull from Tomorrow>>はベストコントロールカードで、<<Sphinx's Revelation>>のなかなか良い模倣をし、X=5以上で唱えるとカードアドバンテージが大量に加速するおかげでゲームを終わらせるだろう。
しかし、このデッキにはもっと多くがある!
Xを(あなたがコントロールしている)<<Drake Haven>>や<<Faith of the Devoted>>の数を引いたマナと同じ値で唱えることができ、<<Pull from Tomorrow>>がドレイクを生成したりや対戦相手をドレインするアドバンテージのためにカードを捨てさせる、という事実を使うことができる。
さらに重要なことは、ゲームの終盤では<<Pull from Tomorrow>>は超クソキルコンボをもたらす。

ここまでサイクリングに注目してきたが、重要なことは、カードを捨てたとき追加で<<Drake Haven>>と<<Faith of the Devoted>>の両方が誘発することを覚えておくことだ。
ゲームの終盤で、対戦相手のエンドステップで巨大な<<Pull from Tomorrow>>を唱え、(次の自分のターンのアンタップステップで)アンタップし、手札のサイズになる(=7枚)までカードを捨てて誘発で満たした巨大なスタックを得るために、意図的に自分のターンをパスすることによって、この誘発をアドバンテージのために使うことができる。
マナを使わないで自分のターンをパスすると、誘発にすべてのマナを使うことができ、盤面をドレイクを満たし、もしかすると対戦相手をゲームの外までドレインすることができるかもしれない!

 

非サイクリング除去

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=415640&type=card

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=408646&type=card

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=419172&type=card

あいにく、すべてのカードはサイクリングできる訳ではない。だから何枚か非サイクリング除去を追加で入れる。
ここでは主な注目点は、<<Drake Haven>>でゲームを続けられる程十分長く生きていられることだ。これは、多くの注目点が、チャンプブロックするためのドレイクを生成し始める最初の数ターンの間は、クリーチャーを殺し続けることを意味する。
<<Blessed Alliance>>と<<Immolating Glare >>の両方は、攻撃クリーチャーに一撃を与える効率的な方法であるし、<<Blessed Alliance>>は、ゲームに渡ってドレイクを待っている間生き残るために、少しのライフを得ることもできる。
<<Fumigate>>は、言い換えると、デッキにクリーチャーで満たされた盤面全部を片づける方法を与えてくれる。これは、緑黒エネルギー/抑揚、ゾンビ、マルドゥ機体に対して重要である。

非サイクリングカウンター

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=428099&type=card

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=424811&type=card

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=403841&type=card

メインデッキにはたくさんのカウンターは無いが、他のコントロールデッキと戦ったり、<<Aetherworks Marvel>>のような戦場から防いだりするのを助ける、少しのカウンターがある。
<<Spell Shrivel>>は奇妙な選択に見えるかもしれない。しかし<<Disallow>>よりは安デッキに親和性があり、<<Void Shatter>>よりは唱えやすい。
もっと重要なことは、追放は、不朽、余波、<<Scrapheap Scrounger>>や<<Dread Wanderer>>のような繰り返される脅威がある世界では、実際にはとても良いです。

サイドボード

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=428102&type=card

ほとんどのサイドボードは自明だ。<<Lay Bare the Heart>>、<<Sphinx of the Last Word>>と残りのカウンターはコントロールと戦い、<<Renewed Faith>>と<<Fumigate>>はアグロに対抗する助けになる。
しかし、<<Glyph Keeper>>については説明させてほしい。
基本的は考え方は、メインデッキにはクリーチャー・カードは入っていないので(対象をとる除去は<<Drake Haven>>を通して出てくるものなので実用的ではない)、対戦相手はおそらくサイドボードの際、ほとんどの対象をとる除去を除くだろう。
対応して、<<Glyph Keeper>>を持ってくる。このクリーチャーを普通に殺すことは難しいし、一旦ほとんどの除去をサイドアウトするとさらに難しい。
これは、4回攻撃してゲームを終わらせられる、倒すのが超難しいずるい脅威を残したままにする。
クリーチャーなので、対戦相手が<<Drake Haven>>への回答(エンチャント除去や<<Negate>>のような)のために特別に入れただろうカードは何でも避けることもできるし、<<Pick the Brain>>や<<Lost Legacy>>やその仲間に対しての防止にもなる。

 

要約

 

概して、マッチアップは3-2で、予測したようにほぼ正確な出来事だった。ゲームが長引けば、<<Drake Haven>>が生み出した狂った量のトークンのおかげでミッドレンジやコントロールは打ち倒した。しかし、いくつかの本当に早いアグロデッキに対抗するのは厳しかった。
もしアグロデッキが少し遅く始まるか、エンチャントが稼働するまで生き残れるくらい除去を引きまくるかすれば、倒すことができるし、速いアグロは確実に厳しすぎるマッチアップであると感じている。
この問題を解決する方法は100%であると確信していないが、<<Drake Haven>>や<<Faith of the Devoted>>が単純に遅いカードなので速度を上げる方法がなかったり、利益をえるのを弱めるため、アグロに対抗する良い非サイクリング・カードのためにサイクリング・カードを減らすのが難しかったり、サイクルが無い<<Drake Haven>>や<<Faith of the Devoted>>(の効果)は荒くなる。
アーキタイプは、特にBedgetデッキに対しては、ポテンシャルがあるように感じられる。だから、もしアグロとのマッチアップにbudgetを維持しつつ補足できるなんらかのアイデアを持っているなら、コメントで俺に教えてくれ!

超Budget 白青Haven

(省略)

非Begget エスパー安息地

Spells (25)

2 <<神聖な協力/Blessed Alliance>>
4 <<検閲/Censor>>
1 <<本質の散乱/Essence Scatter>>
3 <<鑽火の輝き/Immolating Glare>>
1 <<否認/Negate>>
4 <<明日からの引き寄せ/Pull from Tomorrow>>
3 <<不許可/Disallow>>
4 <<ヒエログリフの輝き/Hieroglyphic Illumination>>
3 <<燻蒸/Fumigate>>

Enchantments (10)

4 <<ドレイクの安息地/Drake Haven>>
2 <<信者の確信/Faith of the Devoted>>
4 <<排斥/Cast Out>>

Lands (25)

1 <<秘密の中庭/Concealed Courtyard>>
4 <<異臭の池/Fetid Pools>>
4 <<灌漑農地/Irrigated Farmland>>
4 <<島/Island>>
3 <<平地/Plains>>
4 <<大草原の川/Prairie Stream>>
4 <<乱脈な気孔/Shambling Vent>>
1 <<沼/Swamp>>

Sideboard (15)

3 <<心臓露呈/Lay Bare the Heart>>
2 <<否認/Negate>>
2 <<虚空の粉砕/Void Shatter>>
4 <<ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar>>
2 <<イフニルの魔神/Archfiend of Ifnir>>
1 <<燻蒸/Fumigate>>
1 <<終止符のスフィンクス/Sphinx of the Final Word>>

エスパー安息地の非Budget版は、大きな変更はない。しかし、その代わりいくつかの小さい(が意味のある)アップグレードがある。
まず、<<Disallow>>が<<Spell Shivel>>の代わりにカウンター呪文の位置にいく。これは<<Aetherworks Marvel>>の起動能力や<<Ulamog, the Ceaseless Hunger>>の誘発能力を立ち消えにできるので、有益である。
次に、より良い2色土地のために<<Evolving Wilds>>を捨てることによって、マナベースをアップデートする。
他の<<Fumigate>>も、アグロデッキへ対抗する助けになる望みを持って、メインデッキに押し込む。
最後に、サイドボードに<<Glyph Keeper>>の変わりに<<Gideon, Ally of Zendikar>>を「出ればゲームを奪う」役割として入れる。
概して、アップグレードは有益である、特により良いマナベースについては。しかし、デッキは動画内のほとんどのマッチアップのようにプレイすればよい。

 

(おわり)