MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

【翻訳】Budget Magic:黒単モニュメント(スタンダード)

 

原文:

www.mtggoldfish.com

今週はイクサランのスタンダードへ向かって、宝物トークンがイクサランのスポイラーされて以来俺が興奮しているシナジーを悪用しよう。《マリオネットの達人/Marionette Master》と宝物だ! 基本的なアイデアは、たくさんの宝物トークンが戦場にあるなら、《マリオネットの達人/Marionette Master》をプレイしカウンターを乗せて 4/6 にして、すぐに対戦相手をゲームの外までドレインするほと十分な宝物を生け贄に捧げる。問題は、コンボをサポートするのは何がベストであるかだ。エスパーコントロールのデッキを試してみたし、《王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift》デッキも試してみた。しかし今日のデッキはちょっと違って本質的には、宝物トークンを生成するたくさんの自分を生け贄に捧げられるカードと共に、《バントゥの碑/Bontu's Monument》を使って《マリオネットの達人/Marionette Master》に向かってランプするように見える、黒単アリストクラッツのデッキだ。黒単モニュメントはスタンダードでやってくれるか? 動画に行って見つけ出そう、そしてデッキについてもっと議論しよう。

動画

  • デッキ紹介

Budget Magic: $92 (20 tix) Mono-Black Monument (Standard) - YouTube

  • 黒単モニュメント v.s. ティムール・エネルギー

Budget Magic: Mono-Black Monument vs Temur Energy (Match 1) - YouTube

  • 黒単モニュメント v.s. エスパー・リアニメート

Budget Magic: Mono-Black Monument vs Esper Reanimator (Match 2) - YouTube

  • 黒単モニュメント v.s. 白青副陽

Budget Magic: Mono-Black Monument vs UW Approach (Match 3) - YouTube

  • 黒単モニュメント v.s. 黒赤アグロ

Budget Magic: Mono-Black Monument vs RB Aggro (Match 4) - YouTube

Budget Magic: Mono-Black Monument vs Esper Control (Match 5) - YouTube

黒単モニュメント

Creatures (22)

4 《 凶兆艦隊の貯め込み屋/Dire Fleet Hoarder 》
4 《 組織の密売人/Syndicate Trafficker 》
1 《 栄光の神バントゥ/Bontu the Glorified 》
4 《 無情な無頼漢/Ruthless Knave 》
4 《 武器作り狂/Weaponcraft Enthusiast 》
1 《 不死の援護者、ヤヘンニ/Yahenni, Undying Partisan 》
4 《 バントゥの碑/Bontu's Monument 》

Spells (6)

4 《 致命的な一押し/Fatal Push 》
2 《 ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt

Artifacts (7) 》

4 《 宝物の地図/Treasure Map 》
3 《 バントゥの碑/Bontu's Monument 》

Enchantments (2)

2 《 アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast 》

Lands (23)

3 《 廃墟の地/Field of Ruin 》
4 《 イフニルの死界/Ifnir Deadlands
16 《 沼/Swamp 》

Sideboard (15)

4 《 強迫/Duress 》
1 《 過酷な精査/Harsh Scrutiny 》
2 《 アルゲールの断血/Arguel's Blood Fast 》
1 《 没収の曲杖/Crook of Condemnation 》
3 《 大災厄/Doomfall 》
3 《 本質の摘出/Essence Extraction 》

デッキ

黒単モニュメントはかなり直線的な方法でプレイするが、実際はこのデッキを正確に理解するのはとても難しい。いくつかの点では、《マリオネットの達人/Marionette Master》と宝物トークンでのコンボを使った、コンボデッキである。他の点では、自身を生け贄に捧げられるカードと戦闘ダメージを与えることなくゲームの外まで対戦相手をドレインする能力のおかげで、アリストクラッツと遜色がない。同時に奇妙な黒のアグロデッキでもあり、単純にマナ・カーブに沿っていくらかのドローをし、何枚かの除去をプレイして、可能か限り公平に対戦相手を倒すデッキでもある。結果として、ゲームやマッチに依って異なるプレイをするので、デッキを紐解くにはある種トリッキーである。しかしおそらくもっとも簡単な方法は、デッキ名になっている《バントゥの碑/Bontu's Monument》から始めることだろう。

モニュメント

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=428272&type=card

《バントゥの碑/Bontu's Monument》は複数の重要なことをする。最も重要なことは、このデッキは全部黒のクリーチャーなので、超ランプ呪文のような役割をし、唱えるクリーチャーごとに1マナ安くしてくれる。いくつかの場合では、同じターンで複数のクリーチャーをプレイする助けになる。他の場合では、単に5ターン目に《マリオネットの達人/Marionette Master》へのランプとなる。伝説であることが弱点であるが、いつでも伝説ルールを自分自身に使って墓地にアーティファクトを置くことにより、《マリオネットの達人/Marionette Master》の能力を誘発したり《組織の密売人/Syndicate Trafficker》のために生け贄に捧げられるので、このデッキでは弱点を和らげられる。

《バントゥの碑/Bontu's Monument》がする他のことは、対戦相手のライフをドレインすることで、怪しいビートダウンのバックアップ計画を支援しながら、数個の宝物トークンだけで《マリオネットの達人/Marionette Master》のワンキルができるくらい、対戦相手のライフを確実に十分低くする助けになる。付随するライフの回復も、決定的な《マリオネットの達人/Marionette Master》を見つけている間、ゲームで生き残らせる助けになる。

 《マリオネットの達人/Marionette Master》

http://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=419247&type=card

デッキ名には《バントゥの碑/Bontu's Monument》の名前を与えたが、《マリオネットの達人/Marionette Master》は疑いようもなく中心的なパーツだ。主な計画は、戦場にたくさんの宝物トークンがあるときに《マリオネットの達人/Marionette Master》をプレイし、製造(fabricate)で《マリオネットの達人/Marionette Master》を 4/6 にして、宝物トークンを生け贄に捧げてすぐに対戦相手をゲームの外までドレインすることである。戦場に宝物トークンが5つあると、ライフがフルの20点から対戦相手を倒すことができるが、大抵《バントゥの碑/Bontu's Monument》と適当な戦闘ダメージのおかげで3~4個のトークンがあれば仕事を成し遂げることになるだろう。

宝物トークンは《マリオネットの達人/Marionette Master》の誘発能力を誘発させる主な方法であるが、ときおり霊気装置トークン(か《バントゥの碑/Bontu's Monument》)からでもいくらかダメージを与えられる。《マリオネットの達人/Marionette Master》の力の一部は、もし劣勢でコンボでもただちにゲームに勝てない位置にいても、単にプレイしてたくさんの霊気装置トークンを生成し、生き延びるためにチャンプブロックさせることができる。黒単モニュメントの力の一部には、何度でも地上をふさいでクリーチャーで倒されないようにしておくことが本当に、本当に良く、結果的に《マリオネットの達人/Marionette Master》でどこからともなく勝てる位置にゲームをあやつるまで、ゲームの序盤から中盤を遅らせることに費やすことができる。

 

(途中...)