MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

なんとなくモダンに参入

特に理由は無いのですが、なんとなくモダンをやってみることにしました。使用デッキは、クロックパーミッションが好きなので青黒フェアリー …なんてモダン最高額デッキを使う訳なく、もう一つ好きなアーキタイプ、エンチャントレスを使うことにしました。

 

デッキリストはこんなんです。

エンチャントレス(モダン)

Land 23

2 《Nykthos, Shrine to Nyx ニクスの祭殿、ニクソス》
4 《Canopy Vista 梢の眺望》
4 《Sunpetal Grove 陽花弁の木立ち》
6 《Plain 平地》
7 《Forest 森》

Creature 5

4 《Eidolon of Blossoms 開花の幻霊》
1 《Heliod, God of the Sun 太陽の神、ヘリオッド》

Artifact & Enchamement 24

4 《Authority of the Consuls 領事の権限》
4 《Utopia Sprawl 楽園の拡散》
4 《Sphere of Safety 安全の領域》
3 《Oblivion Ring 忘却の輪》
4 《Fertile Ground 肥沃な大地》
4 《Sigil of the Empty Throne 空位の玉座の印章》
1 《Mana Bloom マナの花》

Spell 7

4 《Kruphix's Insight クルフィックスの洞察力》
3 《Day of Judgment 審判の日》

 

デッキが59枚しかないですが、1枚は未定です。今のところは適当に《象牙の仮面/Ivory Mask》を突っ込んでます。エンチャントレスは、白力線を妥協すれば、からりお安く組むことができます。多分MOで 20tix くらいじゃないでしょうか。サイドボードはまだ決まってないのですが、多分あわせて 30~40tix くらいに収まりそうです。ただ問題点は、最高額カードがコモンの《楽園の拡散》だ、という屈辱があるということでしょうか。

モダン環境は全くわからないので、どこまでデッキ解説ができるか分かりませんが、雑にやってみます。

妨害

遅いデッキなので、盤面を遅くするカードは必須です。何枚投入できるかが鍵なように思います。

《領事の権限》、《安全の領域》

《領事の権限》は、羊の代わりに入れています。モダンにどのくらいクリーチャーで殴らないスペル偏重デッキ(ストームや青黒コントロール系?)があるのかわかりませんが、このデッキは1ターン目アンタップインは平地しかないので、まあ羊でいいと思います。

《安全の領域》は《亡霊の牢獄》との選択、もしくは両方採用なのですが、よくあるリストでは《亡霊の牢獄》4枚が普通みたいですね。私も最初はこっちを入れようとしたのですが、某MTG専門店のリストでは《安全の領域》4枚採用なんですよね。なぜ、《亡霊の牢獄》採用では無いのかと考えたのですが、おそらく序盤は《亡霊の牢獄》は強いのですが、中盤以降では効果が薄くなり、結果的には無駄カードになる、という判断のように思います。実際金魚のBudget動画でも、中盤では《亡霊の牢獄》では相手のクリーチャーが止まらず、《安全の領域》待ちになっていることがありました。あと、《安全の領域》のほうが安い、というのもあります。

ランプ

コストが高いカードが多いので、ランプも必須だと思います。ただ最大5~6マナなので、一般的なランプデッキほどランプは不要です。

《楽園の拡散》、《肥沃な大地》

格さんはすべてのリストで4枚採用で、これは必須です。コモンのくせに高いけど必須です。

《肥沃な大地》は、最初3マナ系エンチャントを採用していたのですが、そうしたらデッキに2マナカードが1枚も無くなり、デッキが全く回りませんでした。追加効果よりマナコストのほうが重要でした。

《東屋のエルフ》、《万神殿の伝令》(不採用)

《万神殿の伝令》はランプカードではないですが、役割は同じなので、この括りに入れておきます。

エンチャントレスと言えば《万神殿の伝令》ですが、不採用にしました。クリーチャーはどうせすぐ焼かれたり押されたりするので、できるだけ少なくする方針にしました。同じ理由で《東屋のエルフ》もです。その分エンチャントを多くしています。

 

あとは、ランプカードを全部で何枚採用するかですが、最大5~6マナであることを考慮すると、この枠のカードを増やすよりドロー呪文を入れてデッキを圧縮する方が良いように思います。そのため8枚採用にしました。世間のリストも8枚採用が多いようです。多分減らすことはあっても9枚以上採用することは無いと思います。

除去

おそいデッキなので、いくら妨害カードがあっても除去が無いのはありえません。

《忘却の輪》(or 《払拭の光》)

この枠の候補は、マナコスト最小の《未達への旅》、何でも対応できる《忘却の輪》、クリーチャーだけだが信心と瞬速がある《停滞の罠》、何でも対応できて瞬速があるが最大コストの《排斥》だと思います。

カウンターが無い遅いデッキでが手なのは、(スタンダードの経験では)プレインズウォーカーであることが多いので、何でも対応できる除去を優先しました。また、インスタントで構えるようなデッキではないので、《排斥》はうまく使うことができないように思ったので、《忘却の輪》採用にしました。まあ何か的があるでしょう、というのもありますが。

《審判の日》

クリーチャーを少なくしたので、採用できました、というより全体除去を採用したくてクリーチャーを少なくしました。モダンにどのくらいクリーチャー主体デッキがあるかわかりませんが、遅いデッキには必須だと思っています。なお、お金がある人はラスゴでいいです。

ドロー

白緑エンチャントレス、《開花の幻霊》

どれを採用するか、です。エンチャントレスの白と緑については、色の出しやすいほうでいいでしょう。エンチャントレス v.s. 《開花の幻霊》は、マナコストを下げるためにエンチャントレスを採用したかったのですが、《開花の幻霊》のCIP1ドローを優先しました。また、エンチャントレス8枚体制は、ドローし過ぎでオーバーキルだと思います。もう少しとがったところを抑えて、安定度を増すカードを採用したいです。

《クルフィックスの洞察力》

これもクリーチャーを採用したくないためにスペルの採用にしています。それと単純に《クルフィックスの洞察力》は強いドロー呪文です。このデッキはエンチャントが30枚入っているので、平均的に3枚ドローできます。あおよりつよいみどりのドロー(スタンダード並感)。問題点は、《クルフィックスの洞察力》はスペルである《クルフィックスの洞察力》と相性が悪い、ということです。そのため4枚採用しているリストは無いです。また墓地にカードが落ちる、というのもこのデッキでは悪い点になります。

 

あとはドローを何枚採用するかですが、採用できるなら何枚でも採用したいところです。ドロー呪文はデッキ圧縮も兼ねていると思うので、8~10枚くらいの採用になると思います。TappedOutのリストは《クルフィックスの狩猟者》も合わせると14枚採用で、これはさすがに多過ぎでしょう。金魚は8枚ですが、片方が《クルフィックスの狩猟者》なので、ちょっとドローが弱い感じがします。某MTG専門店のリストは、ドロー呪文3枚しか採用していないのですが、事故らないのでしょうか。

フィニッシャー

最大の関心は、何を採用するかではなく、何枚採用するかです。理想のコントロールデッキのフィニッシャー枚数は1枚だそうですが、さすがに非現実的でしょう。(スタンダードの)経験上では、5~7枚が妥当なように思います。4枚にするとカード1種類で済むのでいい感じがしますが、引けないことが発生します(30枚ドローすれば1枚くらい引けるだろう、と思うと裏切られます)。また8枚以上だと手札にダブついてしまいます。このデッキでは5枚採用にしました。

また、フィニッシャーは2種類以上にしたほうがいいです。スタンダードで言う《失われた遺産》や《イクサランの束縛》などで封じられてしまうと、それだけで詰んでしまいます。

フィニッシャー自体は何でもいいのですが、白神がフィニッシャーになりうるのかが心配です。

土地

森が欲しいのでバトルランド採用、あとスタンダードのせいで少しお高いですがM10ランド。とはいっても白緑は安いので8枚買っても 4tix です。もちろんお金がある人はフェッチ&ペインランドでしょう。

ニクソスは、パーマネントが並ぶので採用してみましたが、なんか微妙です。エンチャントは意外とダブルシンボルが少ないのと、白と緑でばらけていて、イマイチ信心が稼げません。必須ではないのでやめるかもしれません。代わりは《幽霊街》かミシュラあたりでしょうか。3マナ 3/4 警戒... いらんなw

その他

《マナの花》

ランプにしては中途半端なため、なんのために入っているのか分からなかったのですが、これはX=0で毎ターン唱えるためであることに気づきました。意外と採用していないリストが多いです。

 まとめ

メインはこんなところでしょうか。まだサイドが全然決まっていません。それと書ききれなかったのですが、採用候補のカードも結構あります。特に《ファイレクシアの非生》+《厳粛》コンボはやってみたいですし。フィニッシャーも殴って勝てないパターンも考慮して、特殊勝利カードをサイドに入れておきたい(多分、副陽)。

さて、こんなデッキでどこまで戦えるだろうか...

 参考サイト

  • 金魚のBudget

www.mtggoldfish.com

 もとネタはここです。もう1年以上前なのか。

  • TappedOut

Budget Modern Enchantress (40 tix!) (Modern MTG Deck)

 yutubeに動画もあるので参考になりました。

  • MTG大手カードショップ

www.hareruyamtg.com

エンチャントレスの 優勝者は全部札幌なのですが、北海道ではエンチャントレスが流行っているのでしょうか。

  • ウィザーズ公式

mtg-jp.com

考え方が自分と大体同じなので安心しました。