MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

なんとなくモダンに参入、その後2(モダン)

結局最終形は次に用になりました。

 

白緑エンチャントレス(モダン)

クリーチャー(5)

3 《開花の幻霊/Eidolon of Blossoms》

1 《太陽の神、ヘリオッド/Heliod, God of the Sun》

呪文(7)

4 《クルフィックスの洞察力/Kruphix's Insight》

3 《審判の日/Day of Judgment》

エンチャント(25)

4 《領事の権限/Authority of the Consuls》

4 《楽園の拡散/Utopia Sprawl》

4 《肥沃な大地/Fertile Ground

4 《忘却の輪/Oblivion Ring》

4 《安全の領域/Sphere of Safety》

4 《空位の玉座の印章/Sigil of the Empty Throne》

1 《抑制の場/Suppression Field》

1 《マナの花/Mana Bloom》

土地(23)

4 《梢の眺望/Canopy Vista

4 《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》

7 《平地/Plain》

8 《森/Forest》

 

土地は結局ほとんど使えていない《ニクスの祭殿、ニクソス/Nykthos, Shrine to Nyx》を抜きました。残り1枠はなんでもよかったのですが、《抑制の場/Suppression Field》を入れていますが、このカードは1枚入れではほとんど役に立たないでしょう。フィニッシャーの《太陽の神、ヘリオッド/Heliod, God of the Sun》も活躍したことないです。ちょっとマナが重いです。

 

今考えているのはサイドボードで、高いカードを使えるなら定番の《安らかなる眠り/Rest in Peace》と《石のような静寂/Stony Silence》を入れるんですけどね。でもサイドに入りそうなカードは大体決まっている感じがしました。サイドの方針は、対クリーチャーデッキに対しては、ほとんどメインで問題ない感じがしました。かなりクリーチャー対策が多いですからね。ただ非クリーチャーデッキやアンフェアデッキに対しては、メインはほとんど何もできずに負けます。対クリーチャーカードが11枚では、どうにもならないです。だからサイドはこの11枚の枠をなんとかするのが、重要なように感じました。

 

  • 《金輪際/Nevermore》

エンチャントデッキで入れない理由がない。しかし使いこなせるようになるまで(モダンで使われそうなカードを把握するまで)、微妙サイドになりそう。

  • 象牙の仮面/Ivory Mask》

白力線の代替品。

  • 《物語の円/Story Circle》

役に立つのか立たないのかが良くわからない。対クリーチャーデッキはほぼ問題ないので、バーンくらいしか入りそうなデッキがないように思うのだが…

  • 《抑制の場/Suppression Field》

追加分があって良いと思う。

  • 《ニクスの星原/Starfield of Nyx》

外人が言っていた通り、あったほうがよいと思いました。サイド後は《失われた遺産/Lost Legacy》や《金輪際/Nevermore》で《空位の玉座の印章/Sigil of the Empty Throne》が指定されると、ほぼ勝ち手段が無くなります。《外科的摘出/Surgical Extraction》もあるしね。サイド後はこれと《空位の玉座の印章/Sigil of the Empty Throne》を入れ替える形になります。

  • 《太陽と月の輪/Wheel of Sun and Moon》

要るのか要らないのか分からない。ライブラリアウト以外に使うデッキがあるなら、入れたい。

  • 《特権階級/Privileged Position》

5マナが重い。でも2マナのやつは高いからこっちにせざる得ないかな。

自分も影響受けるけど、対アンフェアデッキには必須な気がする。

  • 《忍び寄る腐食/Creeping Corrosion》

アーティファクト対策に欲しい、が微妙に高い。

  • 《遍歴の騎士、エルズペス/Elspeth, Knight-Errant 》

追加のフィニッシャーとして1枚欲しい。本当は6ペスがいいけれど、高いのでこっちかな。墓地回収ができるので5ニッサも考えたけど、多分4ペスのほうが使いやすそう。奥義がこのデッキでは強い。

  • 《龍王ドロモカ/Dragonlord Dromoka》

フィニッシャー候補その2。どう強いのかが良くわからいが、強そう。

  • 《副陽の接近/Approach of the Second Sun》

フィニッシャー候補その3。殴って勝てない相手に対して、使いたい。

 

今サイドで考えている候補はこんなところ。墓地対策が《安らかなる眠り/Rest in Peace》しかないのが厳しい。