MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

【翻訳】Budget Magic:耕作者ファートリトークン(スタンダード)

原文

www.mtggoldfish.com

今週はスタンダードへ向かって、俺がスタンダードで一番影が薄いと思う1枚をプレイしよう。《刃の耕作者/Cultivator of Blades》だ! 《刃の耕作者/Cultivator of Blades》は《発明の天使/Angel of Invention》と《威厳あるカラカル/Regal Caracal》といった他の似たような5マナに隠れていたが、イクサランの相克のリリースで《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》が加わったことで、耕作者はすぐに大きなポテンシャルを得られた。このデッキの基本的なアイデアは単純だ。緑と白にある最高のトークン生成カードをプレイし、その結果《刃の耕作者/Cultivator of Blades》を盤面に残すようにして、《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》をプレイし《刃の耕作者/Cultivator of Blades》に -1 能力を使い、適当に生成したトークンを全部巨大にして、1回の攻撃でゲームに勝つ! もちろんこの計画がうまくいかないなら、単に《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の奥義を使って、対戦相手をカードアドバンテージの海に沈めることもできる。《刃の耕作者/Cultivator of Blades》は《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の支援を得て、スタンダードでうまくやれるかな? 見てみよう!

ああそうだった、動画に行く前に1つ言っておくことがある。先週俺のヘッドセットが壊れてしまったんだ。だから今回の動画の一部は、予備のマイクロフォンで録画したんだ。だから音声がちょっとばかり違っている。心配はいらないよ。新しいヘッドセットは届いたし、同時に予備のヘッドセットも手に入れておいた。だから先に進むと元に戻ってるよ!

動画

Budget Magic: Cultivator Huatli Tokens (Standard) - YouTube

耕作者ファートリトーク

  • メイン

3 《歯車工の組細工/Cogworker's Puzzleknot
4 《刃の耕作者/Cultivator of Blades
5 《森/Forest
2 《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis
4 《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion
1 《ジャングル生まれの開拓者/Jungleborn Pioneer
2 《軍団の上陸/Legion's Landing
4 《平地/Plains
4 《誇り高き君主/Pride Sovereign
2 《威厳あるカラカル/Regal Caracal
4 《聖なる猫/Sacred Cat
4 《まばらな木立ち/Scattered Groves
1 《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds
4 《霊気装置の展示/Servo Exhibition
4 《シェフェトの砂丘/Shefet Dunes
4 《スラムの巧技/Sram's Expertise
4 《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove
4 《飛行機械による拘束/Thopter Arrest

  • サイドボード

2 《不可解な終焉/Baffling End
3 《断片化/Fragmentize
3 《英雄的介入/Heroic Intervention
4 《イクサランの束縛/Ixalan's Binding
3 《黄昏のピラミッド/Sunset Pyramid

デッキ

以前スタンダードで見てきたトークンデッキは、《秘密の備蓄品/Hidden Stockpile》と《選定された行進/Anointed Procession》を使ってじっくりいくが、大抵遅いデッキだ。耕作者ファートリトークンはもっと攻撃的で、ほとんどトークンを使ったコンボ版だ。このデッキの計画はとても直線的だ。できるだけたくさんのトークンを作り、《刃の耕作者/Cultivator of Blades》をプレイして、《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》でサポートし、攻撃を1回する。そしてゲームに勝つ。このデッキには猫シナジーもあるけど、実際は猫部族デッキではない。むしろ猫がたまたま最善のトークン生成カードであっただけだ。

コンボ

《刃の耕作者/Cultivator of Blades》はスタンダードで最も過小評価されたカードの1枚なのは間違いない。この5マナは明らかに強力だが、大きな問題は、たくさんのデッキにとって《威厳あるカラカル/Regal Caracal》と《発明の天使/Angel of Invention》が本質的に同じカードだが追加の長所を持っていることだ(絆魂を与えるとか、《王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift》で 6/6 飛行で戻ってくるような)。しかしながら《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の助けがあると、《刃の耕作者/Cultivator of Blades》は最高の5マナになる。

《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の奥義は(間違いなく)誇大に広告されていたが、《刃の耕作者/Cultivator of Blades》は -1 能力の「対象のクリーチャーを +X/+X する。X はあなたのコントロールするクリーチャーの数である。」を強烈にする完璧なカードだ。ほとんどのデッキでは、この能力をチャンプブロックされる大きなクリーチャーを1体作るだけである。このデッキでは、《刃の耕作者/Cultivator of Blades》を対象にすると、「対象のクリーチャー」を「あなたがコントロールするクリーチャー」に変わり、《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》を狂った《Overrun》の効果(ただし、トランプルは無い)にする。このデッキは戦場に適当なトークンを置くことを本当に上手くやるので、典型的には《刃の耕作者/Cultivator of Blades》に1回 -1 するだけでゲームに勝つ。たとえ文字通り対戦相手を倒せなくても、大量の 10/10 や 20/20 でチャンプブロックを強制させれば、対戦相手の盤面を《疫病風/Plague Wind》のごとく吹き飛ばせるし、次の攻撃で明らかに勝つ状態にしておける。

もちろんゲームに勝てない状況であっても、《刃の耕作者/Cultivator of Blades》と《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》は両方ともサブプランで上手くやる。《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の奥義を撃ち、トークンを作ることでデッキ全部を引きまくり、対戦相手をカードアドバンテージで圧倒する。《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の紋章を得た後(大抵一回プラスすることで得られる)、《刃の耕作者/Cultivator of Blades》は緑の《ジェイスの創意/Jace's Ingenuity》となり、同時に続くターンでゲームに勝つことができる対処しなければならない脅威を盤面に残すことができる。

基本的には、どんな特別なゲームでどんなゲームになっても、《刃の耕作者/Cultivator of Blades》と《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》はお互いのためにあり、特大の攻撃かばかげた量のカードアドバンテージのどちらかによって、ゲームに勝つ明らかな道筋を示してくれる。

トークン生成

 耕作者ファートリトークン・デッキの残りは、どのカードも個々は重要でないので、何か書くのは多少難しいね。代わりに耕作者&ファートリ・コンボの効果を最大にするために、戦場に複数のクリーチャーを置く冗長な方法を書こう。

このデッキは猫部族ではないが、スタンダードでは猫は1枚のカードで複数のクリーチャーを戦場に置く最善の選択肢にたまたまなっているので、猫シナジーがいくらかはある。《聖なる猫/Sacred Cat》はほとんどただの隙間を埋めるだけだが、1ターン目に何かを戦場に置く方法になるし、ゲーム終盤では墓地から追加のカードを引けるので、《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の紋章があると良くはなる。

《誇り高き君主/Pride Sovereign》はハイリスク・ハイリターンなカードだ。このカードがある状態でアンタップ・フェーズを迎えて1回能力を起動さえできれば、計4マナで3体のクリーチャーを置く(これは基本的に遅い《威厳あるカラカル/Regal Caracal》だ)、素晴らしい価値をもたらしてくれる。そして何ターンか戦場に張り付かせることができると、大量のトークンを作り自分自身も巨大な脅威に変えることで、これだけでゲームに勝つことができる。逆に《誇り高き君主/Pride Sovereign》を唱えて対戦相手が(このデッキには他にたくさん猫がいないので、《ショック/Shock》程度の簡単な何かで)すぐに倒してしまうと、このデッキで最悪の1枚となってしまう。良い知らせは、《ショック/Shock》は《刃の耕作者/Cultivator of Blades》も倒せるので、《刃の耕作者/Cultivator of Blades》で勝つ道筋が明らかなら、《誇り高き君主/Pride Sovereign》は除去呪文を喰ってくれることで、長期的には最悪とまではならない。

《威厳あるカラカル/Regal Caracal》に関しては、すでに4枚の《刃の耕作者/Cultivator of Blades》があり、5マナをたくさん入れる程余裕はないので、2枚だけにしている。しかしこれでも堅牢で、《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》のために3体のクリーチャーをもたらし、適当な猫も強化する。すべての猫が絆魂を得ることは大きな長所でもある。巨大化した状態でたった1回攻撃すれば、絆魂が付いた《誇り高き君主/Pride Sovereign》は、赤単のようなデッキに対してダメージレースを動かすには十分であるかもしれない。

 《軍団の上陸/Legion's Landing》はこのデッキでは素晴らしい。しかしこのエンチャントは驚くほど高額なので、2枚しか入れていない。ゲーム序盤では 1/1 が得られて、良いチャンプブロッカーである。その後ゲーム終盤では、一旦裏面(と《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の紋章がある)になると、クリーチャーを盤面にも残す自作《オラーズカの拱門/Arch of Orazca》版(毎ターンカードを引ける土地なので)になる。もし budget でなければ、4枚フルで投入したかったが、たとえ2枚だけでも、引ければ《軍団の上陸/Legion's Landing》は堅牢である。

《ジャングル生まれの開拓者/Jungleborn Pioneer》は基本的に5枚目の《誇り高き君主/Pride Sovereign》だ。戦場にいられれば1枚でゲームに勝てるという長所と、すぐにトークンを作れる長所の交換を除けば、対戦相手の除去に対しては《ジャングル生まれの開拓者/Jungleborn Pioneer》のほうが良くなる。《ジャングル生まれの開拓者/Jungleborn Pioneer》の奇妙で本質でない長所には、トークンが呪禁を持っているというのがある。対戦相手が大量にクリーチャー除去を入れている対戦では、《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の起動能力に対応して、単純に《致命的な一押し/Fatal Push》や《削剥/Abrade》でマーフォーク・トークンに撃つことができないので、《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の -1 能力の良い対象になる。

トークン生成のまとめは、大量にある霊気装置の生成カードだ。ここでは見るべきたくさんのトリックは無い。《霊気装置の展示/Servo Exhibition》は2マナで2体得られて、2マナ枠の中では《歯車工の組細工/Cogworker's Puzzleknot》より良い。逆に《歯車工の組細工/Cogworker's Puzzleknot》は、ゲームの序盤にプレイしてトークンを作り、その後追加のカードを引くのに、もう一体トークンを得るために《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の紋章を得るまで、戦場に置いておけるという長所がある。《スラムの巧技/Sram's Expertise》は、3体霊気装置トークンを作ると同時に《誇り高き君主/Pride Sovereign》や《ジャングル生まれの開拓者/Jungleborn Pioneer》をタダでプレイするといった、本当に爆発的なプレイができ、このことによって戦場にたくさんのクリーチャーと《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の紋章でたくさんカードが引ける。両方そろうと、《刃の耕作者/Cultivator of Blades》と《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》をサポートする、可能な限り戦場にたくさんのクリーチャーを置くことを確実にするのと同時に、コンボパーツを見つけるまで長く生き残ることを確実にするたくさんのチャンプブロッカーをも得られる。

除去

このデッキにはたくさんの空きがないので、《飛行機械による拘束/Thopter Arrest》は基本的に《不可解な終焉/Baffling End》と《排斥/Cast Out》の違いを分ける試みである。1マナ多いだけで《不可解な終焉/Baffling End》より広く対象を取れると同時に、ゆるい制限の《排斥/Cast Out》よりは軽い。プレインズウォーカーやときどき出てくるエンチャントには対処できないが、クリーチャーに加えてアーティファクトも対象に取れることは長所であり、基本的に《飛行機械による拘束/Thopter Arrest》はこのフォーマットにいるどんなクリーチャーも倒せる白い《削剥/Abrade》である。

結果

全体として、デッキは素晴らしいと感じられた。5回対戦して4回勝ち、とても安定していた。グリクシス・エネルギーと青黒コントロールとはやらなかったが、トークンと赤単という、スタンダードのトップ付近にいるデッキを撃ち倒せた。唯一負けたのはヴァンパイアだったが、それはただ悪い対戦なのか、対戦相手がうまく回っていたのか(《聖域探究者/Sanctum Seeker》をたくさん引いて、トークンのチャンプブロックで凌ぐ計画がずっと悪くなっていた)分からない。《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》と《刃の耕作者/Cultivator of Blades》のコンボはすごかった。その理由の一部には、誰も《刃の耕作者/Cultivator of Blades》を見て負けるとは予想していないからだ(代わりに《シェフェトの砂丘/Shefet Dunes》のようなクリーチャーを +1/+1 で強化するのを予想されていた)。つまり《刃の耕作者/Cultivator of Blades》は積極的に除去の対象にすべきであるが、対象にならないことが多いということであり、次のターン《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》の致命的な能力でサポートすることで、対戦相手を間に合わせることができるということだ。

何ゲームかプレイした今、この budget デッキの変更したい点については、たくさんは無いと確信している。メインデッキ全体はとても満足している。《歯車工の組細工/Cogworker's Puzzleknot》はおそらくこのデッキで最も弱いカードであるが、他の良いカードは分からない。《典雅な襲撃者/Adorned Pouncer》は可能性はあるかもしれない。二段攻撃は《光輝の勇者、ファートリ/Huatli, Radiant Champion》がいるととても恐ろしいし、猫というサブテーマをサポートする助けにもなるだろう。他の部分については、このデッキのままでとても満足している。

まとめると、耕作者ファートリトークンは素晴らしく感じられた。budget 版は非常に戦えるレベルにあり、いくらかサイドボードをアップグレードした非budget版はもっと良くなるだろう。もし君が何もないところか勝ったり、大量のカードを引いたり、超横展開することが好きなら、耕作者ファートリトークンは素晴らしい budget の選択肢である。俺は FNM や Magic Online で成功を間違いなくイメージできているし、もう少しアップグレードとチューニングをすればもっと高いレベルで戦えるかもしれない。

(おわり)