MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

【翻訳】スライ・ソード(モダン)

アイアンワークスといい、ランタン・コントロールといい、モダンのアーティファクトのコンボデッキは、凶悪過ぎませんか。 


原文:

www.mtggoldfish.com

やぁ、みんな! Much Abrew Abount Nothing のエピソードへようこそ。先週 Instant Deck Techs で、狂ったモダンのコンボデッキ、スライ・ソードがトップとして表れた。そういう訳で今週は、このデッキがどれだけたくさんの方法で無限コンボができるか、見つけ出していこう! 主なコンボである《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》と《弱者の剣/Sword of the Meek》は良く知られているが、《研磨基地/Grinding Station》によって無限にライブラリを削る多くの方法も含めて、他のコンボとシナジーでも圧倒する。出来るだけたくさんのコンボでデッキを圧倒するこの計画は、モダンでゲームに勝つ正当な方法であるかな? 動画に行って見つけ出そう。その後、このデッキについてもっと話をしよう!

動画

Much Abrew: Sly Sword (Modern) - YouTube

スライ・ソード

  • メイン
土地
3 ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel  
2 湿った墓/Watery Grave  
1 神聖なる泉/Hallowed Fountain  
2 島/Island  
4 産業の塔/Spire of Industry  
1 ムーアランドの憑依地/Moorland Haunt  
クリーチャー
4 メムナイト/Memnite (0)
1 マイアの月帯び/Myr Moonvessel (1)
4 枉惑な調達者/Sly Requisitioner (4)(黒)
4 屑鉄さらい/Scrap Trawler (3)
2 羽ばたき飛行機械/Ornithopter (0)
インスタント
3 発明品の唸り/Whir of Invention (X)(青)(青)(青)
アーティファクト
2 虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb (1)
4 オパールのモックス/Mox Opal (0)
3 バネ葉の太鼓/Springleaf Drum (1)
4 弱者の剣/Sword of the Meek (2)
4 飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry (白/黒)(青)
4 研磨基地/Grinding Station (2)
4 彩色の星/Chromatic Star (1)
  • サイドボード
1 橋上の戦い/Battle at the Bridge (X)(黒)
2 減衰球/Damping Sphere (2)
2 ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid (2)(赤)
1 真髄の針/Pithing Needle (1)
1 漸増爆弾/Ratchet Bomb (2)
1 太陽のしずく/Sun Droplet (2)
2 外科的摘出/Surgical Extraction (黒/Φ)
1 アンティキティー戦争/The Antiquities War (3)(青)
3 摩耗+損耗/Wear+Tear (1)(赤)(白)
1 溶接の壺/Welding Jar (0)

議論

  • まず、結果だ。リーグをプレイして 5-0 というパーフェクトで終わった! フレンドリー・リーグだったということは正しいが、ほとんどの tier デッキ(奇妙な赤単バーン以外)をぶちのめし、毎回トップとして表れた。
  • 5-0 した後でさえ、俺はこのデッキについて学ぶ多くのことがあるように感じている。このデッキはプレイするのが難しい。その理由のほとんどは、このデッキには何百万とある小さなシナジーとトリックがあるが、俺はそのうちのいくつかを見逃しているからだ。ありがたいことに、リーグで見せたように、このデッキは 90% 最適なプレイをしても、まだ多くのゲームに勝てるくらい十分強力だ。
  • コンボの話をしよう。一番明らかなのは《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》と《弱者の剣/Sword of the Meek》だ。このコンボは無限ではないが、《飛行機械の鋳造所/Thopter Foundry》で《弱者の剣/Sword of the Meek》を繰り返し何度も生け贄に捧げることで、1マナごとに 1/1 飛行機械トークンと1点のライフを得ることができる。
  • 一方、《研磨基地/Grinding Station》は、《弱者の剣/Sword of the Meek》と《枉惑な調達者/Sly Requisitioner》があると無限コンボになり、対戦相手のデッキ全部を削ることができる。単に《研磨基地/Grinding Station》で《弱者の剣/Sword of the Meek》を生け贄に捧げ続けるだけで、《弱者の剣/Sword of the Meek》を戻すために《枉惑な調達者/Sly Requisitioner》が 1/1 トークンを産み、その後戦場に剣が戻る。そうすると再び繰り返すことができる。もし対戦相手を(例えば《引き裂かれし永劫、エムラクール/Emrakul, the Aeons Torn》がいるとかで)ライブラリアウトで倒すことができなくても、《枉惑な調達者/Sly Requisitioner》が産んだ無限の 1/1 トークンも得られる。
  • 《研磨基地/Grinding Station》、《弱者の剣/Sword of the Meek》、《屑鉄さらい/Scrap Trawler》と《メムナイト/Memnite》か《マイアの月帯び/Myr Moonvessel》が2体いても、対戦相手を無限にライブラリを削ることができる。この方法はちょっとクランキーだ。基本的なアイデアは、《研磨基地/Grinding Station》で《メムナイト/Memnite》を生け贄に捧げ、もう一体の《メムナイト/Memnite》を唱えて《研磨基地/Grinding Station》をアンタップし、《研磨基地/Grinding Station》で《弱者の剣/Sword of the Meek》を生け贄に捧げて《屑鉄さらい/Scrap Trawler》があると《メムナイト/Memnite》が戻り、戻った《メムナイト/Memnite》を唱えて《研磨基地/Grinding Station》をアンタップ(と《弱者の剣/Sword of the Meek》を戻)し、そしてこの過程を繰り返す。
  • おそらく俺が見逃しているコンボが他に1つか2つはある。しかし上記の3つは、リーグで使ったコンボ全部だ。
  • 《研磨基地/Grinding Station》について言うと、このカードを理解するのにちょっと時間が掛かった。もし《弱者の剣/Sword of the Meek》が無いなら、《弱者の剣/Sword of the Meek》を「引く」奇妙な方法として、《虚無の呪文爆弾/Nihil Spellbomb》や《彩色の星/Chromatic Star》のような適当なアーティファクトを、自分のライブラリを削るために、積極的に生け贄に捧げるべきである。《弱者の剣/Sword of the Meek》は自分で墓地から戦場に戻ることができるので、《弱者の剣/Sword of the Meek》が墓地に落ちることは、自然に引くのと同じくらい良いことになる。
  • スライ・ソードの最大の欠点は、何枚かのサイドボードのカードが、このデッキに対して本当に良いということだ。《虚空の力線/Leyline of the Void》や《安らかなる眠り/Rest in Peace》は非常に強力で、《石のような静寂/Stony Silence》も残虐だ。適当なクリーチャーで殴ることで、こういったカードをすり抜けて勝つこともできるが、そんなことはほとんど起こりそうにない。そういう訳で、対戦相手がある種の対策カードがあることをほとんど常に想定するべきで、《摩耗+損耗/Wear+Tear》と大抵は《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid》か《アンティキティー戦争/The Antiquities War》を、ただ安全のために入れるべきである。
  • サイドボードに関しては、大半は自己説明的だ。アーティファクトはすべて《発明品の唸り/Whir of Invention》でサーチできることを忘れてはいけない。このカードは、大半のカードよりこのデッキを良くする。《練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist》のために、《アンティキティー戦争/The Antiquities War》と《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid》を減らすことは、サイドボードの対策カードに対抗する方法になる可能性もある。《練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist》は、アーティファクトを唱えて歩行機械トークンを産むことで、墓地対策や《石のような静寂/Stony Silence》をすり抜けて勝つ方法になるだけでなく、もし対戦相手がたまたま対策カードを引けなかったら、《弱者の剣/Sword of the Meek》を生け贄に捧げることで、一種の奇妙なコンボをすることもできる。
  • そういうわけで、君はスライ・ソードをプレイすべきか? その答えはYESだと思う! このデッキでなんとか 5-0 をしたが、俺は 100% 最適なプレイをしなかったと確信している。そして、もし君がたくさん練習をしトリックの全部を学んだら、このデッキは非常に強力になる。トラブルになるサイドボードのカードが何枚かあるが、もしうまくプレイし、正しいサイドボードのカードを入れれば、そいつらも倒すことができる。もし君が、無限に対戦相手のライブラリを削って、手の込んだコンボを準備するのが好きならば、スライ・ソードをやってみろ。このデッキは楽しいし、とても競技的にも見える!

(おわり)