MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

【翻訳】Much Abrew:スタンダード・ドレッジ(スタンダード)

原文

www.mtggoldfish.com

やぁ、みんな! Much Abrew About Nothing へようこそ。先週 Instant Deck Techs でトップになったのは、狂ったスタンダード・ドレッジだった。そういう訳で、今週は超楽しいラヴニカのギルドのスタンダードへ戻って、電光石火のスピードで墓地を満たし、《ナルコメーバ/Narcomoeba》、《這い寄る恐怖/Creeping Chill》、《弧光のフェニックス/Arclight Phoenix》のようなモノで対戦相手を倒すことで、ゲームが勝てるかどうかを見てみよう! ドレッジのアップグレード版は働くかな? 動画に行って見つけ出そう。そしてこのデッキについてもっと話をしよう!

動画

Much Abrew: Standard Dredge (Magic Online) - YouTube

スタンダード・ドレッジ

  • メイン
土地
2 蒸気孔/Steam Vents  
7 島/Island  
4 水没した地下墓地/Drowned Catacomb  
2 硫黄の滝/Sulfur Falls  
ソーサリーインスタント
4 発見/Discovery (1)(青/黒)(3)(青)(黒)
ソーサリー
4 這い寄る恐怖/Creeping Chill (3)(黒)
1 航路の作成/Chart a Course (1)(青)
2 最大高度/Maximize Altitude (青)
クリーチャー
4 ナルコメーバ/Narcomoeba (1)(青)
4 弧光のフェニックス/Arclight Phoenix (3)(赤)
エンチャント
4 水没した秘密/Drowned Secrets (1)(青)
インスタント
2 原因不明の消失/Unexplained Disappearance (1)(青)
4 急進思想/Radical Idea (1)(青)
4 選択/Opt (青)
4 任務説明/Mission Briefing (青)(青)
アーティファクト
4 背骨のワンド/Wand of Vertebrae (1)
  • サイドボード
4 提督の命令/Admiral's Order (1)(青)(青)
2 喪心/Cast Down (1)(黒)
2 焦熱の連続砲撃/Fiery Cannonade (2)(赤)
1 否認/Negate (1)(青)
1 名声の代価/Price of Fame (3)(黒)
2 煤の儀式/Ritual of Soot (2)(黒)(黒)
2 睡眠/Sleep (2)(青)(青)
1 魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass (2)

議論

  • こいつはとてもうまくいった! リーグではなく2人構築でプレイしたが、5回対戦して4回勝った。2種類のゴルガリのデッキと、イゼット・ドレイク、ジェスカイコントロールを打ち倒し、スタンダードの多くのベストデッキを倒した。唯一の負けはボロス天使からで、難しい対戦であるように感じた。それでも、対戦を掠め盗るには、良いドレッジだった。
  • おそらく動画を見て気づいただろうが、対戦をプレイする前にいくつか変更をした。Instant Deck Tech のオリジナルの構築は、メインでもサイドボードでもクリーチャーを倒すことに苦しめられた。メインデッキはほとんど同じだが、青単のサイドボード計画を捨て、全体除去と除去で一杯にすることにした。
  • 除去の計画をサポートするために、マナ・ベースをアップグレードした。オリジナルのデッキは、赤マナをプレイせず、ほんのちょっとの青マナしかなかった。今は、《蒸気孔/Steam Vents》、《湿った墓/Watery Grave》、《硫黄の滝/Sulfur Falls》、《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》といった、いつものグリクシスのマナベースである。この変更はほとんどサイドボードをサポートするためであるが、《弧光のフェニックス/Arclight Phoenix》を素キャストできるようにする長所もある。そんなに起こることではないが、ゲームによっては非常に重要である。
  • このデッキを本当に強力にしているカードは、《骨のワンド/Wand of Vertebrae》と《水没した秘密/Drowned Secrets》だ。最も爆発的なドローをする中には、少なくても1枚か、大抵は2枚はこれらのカードが含まれている。理想的には、キャントリップと多分数枚の除去呪文を除いて何も唱えないことであり、ライブラリを削ることで墓地に勝利条件を置き、ゲームに勝つことができると確信することだ。キャントリップ、再活、諜報のカードをつなぎ合わせようとすることはできるが、自分のライブラリを繰り返し削ることができるカードは少なくても1枚あることが、このデッキの計画にとって非常に重要なことである。
  • スタンダード・ドレッジをプレイしてみたところ、一番重要なことは、3の倍数を数えることを身につけることだ。《ナルコメーバ/Narcomoeba》を除くと、すべてのフィニッシャー(《這い寄る恐怖/Creeping Chill》と《弧光のフェニックス/Arclight Phoenix》)は、3点という塊でダメージを与える。つまり、対戦相手のライフが(《ナルコメーバ/Narcomoeba》のような何かで)18になることは、完全に有益である。逆に 18 と 17 との違いは全く何もない。だから(対戦相手を倒すのに必要な《這い寄る恐怖/Creeping Chill》が1枚少なくなるか《弧光のフェニックス/Arclight Phoenix》の攻撃が1回少なくなる) 15 にする方法が何も思い浮かばないなら、ライフを高く保っておくために、《ナルコメーバ/Narcomoeba》をチャンプブロックにすることが大抵良い。
  • このデッキの別の重要な側面は、デッキに残っているカードを追跡できることだ。もし《這い寄る恐怖/Creeping Chill》がまだライブラリにあるなら、《這い寄る恐怖/Creeping Chill》が墓地に落ちるくらい十分にライブラリを削れれば、ダメージが保証されていることが分かっている。だから他のカードをプレイすることより、大抵自分自身のライブラリを削ることに集中していればいい。逆に、いったん《弧光のフェニックス/Arclight Phoenix》と《這い寄る恐怖/Creeping Chill》がすべて墓地にあるなら、間違って負けるまで自分のライブラリを削らないように、大抵《水没した秘密/Drowned Secrets》で対戦相手のライブラリを削り始めるほうが良い。
  • ライブラリを削ることについて、話をしよう。重要な注意が2つある。1つ目は、《骨のワンド/Wand of Vertebrae》を別の《骨のワンド/Wand of Vertebrae》と他のカードをライブラリに戻すことに使うことは、良い方法だ。2つ目は、特に《骨のワンド/Wand of Vertebrae》を2枚引けたなら、対戦相手のライブラリを削れる可能性がある。対戦相手のライブラリを削ることはバックアップ・プランだが、もし対戦相手が《残骸の漂着/Settle the Wreckage》や《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》のようなカードで、《弧光のフェニックス/Arclight Phoenix》を全部追放してしまったとき、心に留めておこう。
  • サイドボードに関しては、各対戦に対して変更が多過ぎで難しい。しかし俺は大抵除去のために《ナルコメーバ/Narcomoeba》を抜いている。キャントリップがとてもたくさんあるので、対戦ごとにサイドボードからメインデッキに一握りのカードより多く増やせない。だから、その枠が、サイドボードの全体除去や除去を見つけるには、とても簡単なのだ。
  • そういう訳で、君はスタンダード・ドレッジをプレイすべきか? 俺はその答えはYESだと思う! サイドボードにアップグレードと追加の除去があると、このデッキは実際本当に良いと感じられる。ほとんどのデッキは干渉するのが難しく、何もないところから勝つことができる! クリーチャーデッキには、特に1ゲーム目は苦しめられる可能性がまだあるが、このデッキは驚くほど回復が速く、ほとんどの対戦相手は干渉するのが難しい。もし君が古いフォーマットのドレッジのファンであり、自分自身のライブラリをただ削るのが好きならば、スタンダードドレッジをやってみろよ! 楽しいだけじゃない。奇妙なことだが、おまけに競技的でもある!

(おわり)