MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

【翻訳】灯争戦争のコンボ

原文

www.channelfireball.com

先週の記事では、僕は2度と対戦相手からマナを生成させないようにする、《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》+《マイコシンスの格子/Mycosynth Lattice》のコンボについて簡単に話をしました。今週は、灯争戦争の他の可能性があるコンボについて、もう少し詳しく説明しよう。僕は、このコンボはどれも壊れていると思わないし、いわゆる《守護フェリダー/Felidar Guardian》+《サヒーリ・ライ/Saheeli Rai》コンボのレベル近くには無いと思う。しかしそれでもまだ、興味深い思考の練習になるし、ほら、誰かが何かを構築するインスパイアになるかもしれないだろ。

《嵐の伝導者、ラル/Ral, Storm Conduit》+《発展+発破/Expansion+Explosion》×2

何年も通して、「呪文を唱えたとき、ダメージを1点与える」というテキストを持つカードがたくさんあった。しかし《嵐の伝導者、ラル/Ral, Storm Conduit》は、コピーしたときに働く最初のカードで、どんななんでも低コストな呪文(対戦相手の呪文でも)と2枚の《発展+発破/Expansion+Explosion》で無限コンボを起こすことができる。このコンボは次の通りだ。

ステップ1:《嵐の伝導者、ラル/Ral, Storm Conduit》をプレイする。
ステップ2:コスト4以下のインスタントかソーサリーを何か唱える。
ステップ3:《発展+発破/Expansion+Explosion》でコピーする。
ステップ4:2枚目の《発展+発破/Expansion+Explosion》を唱え、1枚目の《発展+発破/Expansion+Explosion》を対象にする。コピーを解決して、(ラルの能力で)1点のダメージを対戦相手に与える。そしてそのコピーでオリジナルの発展をコピーし、無限ダメージ・ループさせる。

このコンボは、ステップ数を少なくさせるバージョンもあり、《二倍詠唱/Doublecast》をオリジナルの呪文に使う。もし持っているなら、ラルの -2 を使って《二倍詠唱/Doublecast》を唱え、コピーを解決し、《発展+発破/Expansion+Explosion》を唱える。これによって、(《二倍詠唱/Doublecast》で)《発展+発破/Expansion+Explosion》のコピーを生成する。Timothy Simon 氏の功績です!

それで、このコンボはどれだけ良いのか? 僕は、《発展+発破/Expansion+Explosion》がすでにとても良いカードなので、ある程度可能性があると思っている。だから疑問のすべては本当は、ラルをプレイすることだ。僕は、そのアプローチに2つの可能性があると思っている。1つは、コントロールの枠組みに単に枠に入れることで、もう一つは、ある種の青赤バーンデッキを作ることだ。僕は、ジェスカイ・ラルをこう構築するだろう。

ジェスカイ・ラ

土地
4 蒸気孔/Steam Vents  
4 硫黄の滝/Sulfur Falls  
4 氷河の城砦/Glacial Fortress  
4 神聖なる泉/Hallowed Fountain  
4 聖なる鋳造所/Sacred Foundry  
4 断崖の避難所/Clifftop Retreat  
プレインズウォーカー
4 ドミナリアの英雄、テフェリー/Teferi, Hero of Dominaria (3)(白)(青)
ソーサリー
4 轟音のクラリオン/Deafening Clarion (1)(赤)(白)
2 浄化の輝き/Cleansing Nova (3)(白)(白)
エンチャント
2 アズカンタの探索/Search for Azcanta (1)(青)
インスタントインスタント
4 発展/Expansion (青/赤)(青/赤)(X)(青)(青)(赤)(赤)
インスタント
2 否認/Negate (1)(青)
4 吸収/Absorb (白)(青)(青)
3 薬術師の眼識/Chemister's Insight (3)(青)
4 選択/Opt (青)
3 シヴの火/Shivan Fire (赤)
 
3 嵐の伝導者、ラル/Ral, Storm Conduit  

このリストは、ラルでコピーする無限の対象は無い。しかし、《選択/Opt》や《薬術師の眼識/Chemister's Insight》でコピーしてドローしたり、除去のために《シヴの火/Shivan Fire》や《轟音のクラリオン/Deafening Clarion》をコピーしたりできる。

もう一つのアプローチはバーンデッキだ。このバージョンはあまり良くなさそうに思うが、試してみる価値はある。僕はこうするだろう。

バーン・ラル

土地
12 山/Mountain  
4 蒸気孔/Steam Vents  
4 硫黄の滝/Sulfur Falls  
ソーサリー
4 批判家刺殺/Skewer the Critics (2)(赤)
4 舞台照らし/Light Up the Stage (2)(赤)
2 二倍詠唱/Doublecast (赤)(赤)
1 苦しめる声/Tormenting Voice (1)(赤)
クリーチャー
4 静電場/Electrostatic Field (1)(赤)
4 ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler (赤)(赤)(赤)
3 遁走する蒸気族/Runaway Steam-Kin (1)(赤)
インスタントインスタント
4 発展/Expansion (青/赤)(青/赤)(X)(青)(青)(赤)(赤)
インスタント
4 ショック/Shock (赤)
4 稲妻の一撃/Lightning Strike (1)(赤)
 
4 嵐の伝導者、ラル/Ral, Storm Conduit  

《橋の主、テゼレット/Tezzeret, Master of the Bridge》+《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator

ボックス特典の《橋の主、テゼレット/Tezzeret, Master of the Bridge》は、超強いカードではない。高コストだし、着地しても常駐能力はおそらく価値はないだろう。例外は、《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》と対価があるアーティファクト・クリーチャーとで、3枚コンボになることだ。それは次のように動く。

ステップ1:《橋の主、テゼレット/Tezzeret, Master of the Bridge》と5枚のアーティファクトをプレイする。
ステップ2:(親和(アーティファクト)があるので)タダでカーンをプレイする。
ステップ3:カーンの -2 で《コイロスの守護者/Guardians of Koilos》を手に入れる。
ステップ4:《コイロスの守護者/Guardians of Koilos》をタダでプレイし、《練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist》の能力を誘発させて、《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》を手札に戻す。
ステップ5:カーンを再度プレイし、もう一度《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》の -2 を使って、2枚目の《コイロスの守護者/Guardians of Koilos》を手に入れる。
ステップ6:2枚目の《コイロスの守護者/Guardians of Koilos》をプレイして1枚目の《コイロスの守護者/Guardians of Koilos》を戻し、サイの能力を誘発させる。これを永遠に繰り返す。
ステップ7:テゼレットの +2 を使って対戦相手を倒す。

あるいは、《練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist》の代わりに《ビヒモスを招く者、キオーラ/Kiora, Behemoth Beckoner》を使ってデッキ全部を引き、《モックス・アンバー/Mox Amber》を見つけて《練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist》をプレイし、そこからゲームに勝つことができる。

もしサイドボードからさらに《コイロスの守護者/Guardians of Koilos》をプレイすれば、ときどきコンボの一部であるサイをなしで済ませ、単に《コイロスの守護者/Guardians of Koilos》+選んだアーティファクト(残念ながら、スタンダードには本当に強力なアーティファクトが無いが。最高は《隕石ゴーレム/Meteor Golem》だろう)をプレイすることもできる。

この枠組みはすでにプレイアブルかもしれないので、このコンボは可能性があると思う。サイドボードから《コイロスの守護者/Guardians of Koilos》しかプレイする必要がないので、鍵はカーンとテゼレットとサイが嫌いじゃないかだ。《コイロスの守護者/Guardians of Koilos》はクリーチャーなので、《総動員地区/Mobilized District》はこのコンボと働かないのは残念だが、サヒーリはまだ価値があると思う。彼女は、《モックス・アンバー/Mox Amber》のパワーを上げるし、このコンボに必要になるクリティカルな量を得られるくらい、大量の霊気装置トークンを産むからだ。

僕は次のように構築するだろう。

《橋の主、テゼレット/Tezzeret, Master of the Bridge》+《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》コンボ

  • メイン
土地
4 島/Island  
4 湿った墓/Watery Grave  
4 水没した地下墓地/Drowned Catacomb  
2 爆発域/Blast Zone  
3 総動員地区/Mobilized District  
プレインズウォーカー
4 大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator (4)
2 ビヒモスを招く者、キオーラ/Kiora, Behemoth Beckoner (2)(緑/青)
3 橋の主、テゼレット/Tezzeret, Master of the Bridge (4)(青)(黒)
2 崇高な工匠、サヒーリ/Saheeli, Sublime Artificer (1)(青/赤)(青/赤)
ソーサリー
4 思考消去/Thought Erasure (青)(黒)
1 煤の儀式/Ritual of Soot (2)(黒)(黒)
2 ヨーグモスの不義提案/Yawgmoth's Vile Offering (4)(黒)
クリーチャー
1 迷い子、フブルスプ/Fblthp, the Lost (1)(青)
4 練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist (2)(青)
インスタント
1 喪心/Cast Down (1)(黒)
アーティファクト
4 更生の泉/Fountain of Renewal (1)
4 モックス・アンバー/Mox Amber (0)
1 アゾールの門口/Azor's Gateway (2)
4 宝物の地図/Treasure Map (2)
  • サイドボード
1 隕石ゴーレム/Meteor Golem (7)
1 魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass (2)
1 不滅の太陽/The Immortal Sun (6)
2 コイロスの守護者/Guardians of Koilos (5)
1 ひっかき爪/Scrabbling Claws (1)

大量の無色土地があるので、正しいバランスを見つけるのが難しい。プレインズウォーカーと伝説のクリーチャーがいるので、《総動員地区/Mobilized District》は多くの可能性があるし、いくらかサイで積極的にドローができる。しかし《Thought Lash》も本当に強力だ。5枚から始めてちょっと増やしていくかもしれない。そして色の問題があるなら、減らしていくだろう。

 《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》+《Thought Lash》

これは、おそらくあまり良くないレガシーのコンボだが、間違いなく僕が試してみたいものだ。これは次のように働く。

ステップ1:《Thought Lash》をプレイする。
ステップ2:《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》をプレイする。
ステップ3:《Thought Lash》を大量に起動してライブラリ全部を追放する。その後、ジェイスの +1 を使って勝つ。

このコンボは僕に、《Illusions of Grandeur》+《寄付/Donate》を思い出させる。《Illusions of Grandeur》をプレイするとライフを 20 点得て多くの時間が稼げる。その後アンタップ・フェーズの後で《寄付/Donate》して、対戦相手がアップキープのコストを払わないと、ライフを 20 点失う。ジェイスと《Thought Lash》のコンボも、基本的に《Thought Lash》で次のターンまで生き残ることを保証し、その後で次のコンボの半分をプレイできるので、非常に似ている。もちろん、《Illusions of Grandeur》+《寄付/Donate》は、レガシーのコンボとしては良くない。だから、たかが《Illusions of Grandeur》+《寄付/Donate》より良いくらいでは十分ではない。しかし《Illusions of Grandeur》+《寄付/Donate》よりはずっと良い。

  • 20点以上得られる。
  • 対戦相手は、エンチャントを破壊することで倒すことができない。
  • 対戦相手はすぐに倒すことができる。
  • 対戦相手は、ライフの回復をすることで生き延びることができない。
  • 君の寄付はプレインズウォーカーだ!

もちろん、このコンボは《研究室の偏執狂/Laboratory Maniac》をプレイすればすでにレガシーで合法だが、壊れやすいパーマネント・タイプと追加のドロー呪文を使っていて、コンボの一部である《研究室の偏執狂/Laboratory Maniac》しか引かないと、何もしない。しかしながら、ジェイスは完全にプレイアブルなカードだ。

このコンボの魅力は、両方のカードとも、単独でプレイアブルであるということだ。優れているかって? たしかにそんなでもない。しかし、少なくても何かはするし(ジェイスは毎ターン追加でカードを引けるし、《Thought Lash》は大量のライフが得られる)、実物提示教育の各パーツである、エムラクール、《グリセルブランド/Griselbrand》、《丸砥石/Grindstone》、《Helm of Obedience》よりは多くのことをする。君のソリティアは遅いだろうが(最高で4ターン目だが、実物提示教育のような何かは2ターン目に勝つことができる)、アプローチは違う。実物提示教育でデカ物カードをプレイするリスクが無いし、一度に両方場に必要とするよりも、適当にパーツを集めることができる(手札破壊と対戦した時、良くなる)。

僕は次のように構築するだろう。

ジェイス+《Thought Lash》コンボ

  • メイン
土地
3 古えの墳墓/Ancient Tomb  
4 汚染された三角州/Polluted Delta  
4 沸騰する小湖/Scalding Tarn  
2 霧深い雨林/Misty Rainforest  
プレインズウォーカー
4 神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries (1)(青)(青)(青)
ソーサリー
4 定業/Preordain (青)
4 思案/Ponder (青)
4 思考囲い/Thoughtseize (黒)
2 毒の濁流/Toxic Deluge (2)(黒)
クリーチャー
4 悪意の大梟/Baleful Strix (青)(黒)
インスタント
4 意志の力/Force of Will (3)(青)(青)
4 渦まく知識/Brainstorm (青)
1 残響する真実/Echoing Truth (1)(青)
3 リム=ドゥールの櫃/Lim-Dul's Vault (青)(黒)
 
4 Thought Lash (2)(青)(青)
 
3 Underground Sea  

見ての通り、最後の枠で何をするかはよく分からない。コアは8枚のコンボカードで、4枚の《意志の力/Force of Will》と12枚のキャントリップだ。しかし君の欲しいものは、どんな色でも広げることができる(理想的には、何枚かは例えば《ファイレクシアの破棄者/Phyrexian Revoker》か《魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass》を対処できると良いが)。

 《飢えた聖騎士/Famished Paladin》+《呪術師のワンド/Sorcerer's Wand》+《復讐に燃えた血王、ソリン/Sorin, Vengeful Bloodlord》

このコンボは特にソリンは不要だが、《飢えた聖騎士/Famished Paladin》に絆魂を与えるどんな方法よりもよいだろう。すでにスタンダードで可能だが、僕は《復讐に燃えた血王、ソリン/Sorin, Vengeful Bloodlord》が、倒されても戻せるので、良いカードだと思う。このコンボは次のようになる。

ステップ1:上記のすべてのカードをプレイする。
ステップ2:《飢えた聖騎士/Famished Paladin》に《呪術師のワンド/Sorcerer's Wand》を装備させる。
ステップ3:《飢えた聖騎士/Famished Paladin》をタップして対戦相手に1点ダメージを与える。絆魂があるので、自身はンタップする。これを無限に繰り返す。

他のスタンダードでプレイできる絆魂を得る方法は、《従者の献身/Squire's Devotion》が一番よさそうだ。ライフを得る方法がすでに8枚あるので、何と良く働くか考え始めることができる。例えば、《アジャニの群れ仲間/Ajani's Pridemate》は可能性があるが、《アダントの先兵/Adanto Vanguard》もとても良い。僕は次のようにこのデッキをやってみるだろう。

《飢えた聖騎士/Famished Paladin》コンボ

  • メイン
土地
4 神無き祭殿/Godless Shrine  
11 平地/Plains  
3 沼/Swamp  
プレインズウォーカー
4 復讐に燃えた血王、ソリン/Sorin, Vengeful Bloodlord (2)(白)(黒)
クリーチャー
4 飢えた聖騎士/Famished Paladin (1)(白)
4 アジャニの群れ仲間/Ajani's Pridemate (1)(白)
4 アダントの先兵/Adanto Vanguard (1)(白)
4 敬慕されるロクソドン/Venerated Loxodon (4)(白)
4 徴税人/Tithe Taker (1)(白)
エンチャント
4 ベナリア史/History of Benalia (1)(白)(白)
2 議事会の裁き/Conclave Tribunal (3)(白)
2 従者の献身/Squire's Devotion (2)(白)
4 軍団の上陸/Legion's Landing (白)
アーティファクト
2 呪術師のワンド/Sorcerer's Wand (1)

 これで今日は全部だ。繰り返すと、僕はどのコンボもフォーマットや何かを壊してないと予想している。しかしやってみるには十分クールだとも思っている

(おわり)