MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

【翻訳】Budget Magic:ガルタ機械巨人(スタンダード)

今週から動画が1本にまとめられたようです。


原文

www.mtggoldfish.com

 

今週はスタンダードへ向かって、イクサランの相克から最も誇大に宣伝されたカードの1枚を使って構築したデッキをプレイしよう:《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》だ。このエルダー恐竜がいろんな赤緑系デッキに打ん殴るクリーチャーとして表れるのを見てきたが、このデッキは《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》をたった2マナで唱えるが、実際の点数で見たマナコスト(CMC)は12であるという事実をアドバンテージとして使おうとする。なぜこのデッキでは、でかいCMCを持つことが利点になるのかって? うーん、それは《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》でただビートダウンするする代わりに、《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》でライブラリを削りたいからだ。このカード(と他に1~2枚組み合わせる)ことによって対戦相手を直接ダメージで潜在的にワンキルショットできる! 《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》と《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》を組み合わせはスタンダードでやれるかな? 動画に行って見てみよう、そしてこのデッキについてもっと話そう!

動画

Budget Magic: Ghalta Gearhulk (Standard) - YouTube

ガルタ機械巨人

メイン

4 《削剥/Abrade
4 《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk
4 《大物群れの操り手/Drover of the Mighty
5 《森/Forest
4 《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger
4 《ハシェプのオアシス/Hashep Oasis
6 《山/Mountain
4 《食餌+給餌/Mouth+Feed
1 《無謀な怒り/Reckless Rage
4 《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha
4 《切り裂き顎の猛竜/Ripjaw Raptor
4 《根縛りの岩山/Rootbound Crag
2 《凶暴な踏みつけ/Savage Stomp
1 《屍肉あさりの地/Scavenger Grounds
1 《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon
4 《雷群れの渡り/Thunderherd Migration
4 《森林の地溝/Timber Gorge

サイドボード

1 《チャンドラの敗北/Chandra's Defeat
2 《没収の曲杖/Crook of Condemnation
1 《マグマのしぶき/Magma Spray
2 《帰化/Naturalize
1 《無謀な怒り/Reckless Rage
1 《サンドワームの収斂/Sandwurm Convergence
1 《捲土+重来/Struggle+Survive
2 《焼けつく双陽/Sweltering Suns
2 《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon
2 《ヴァンスの爆破砲/Vance's Blasting Cannons

デッキ

ガルタ機械巨人の基本的なアイデアはとても単純だ。《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》をできるだけ強く使うようにする。最終的な形は、《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》ととても信じられないくらい良く動くので、基本的に《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》入り恐竜ミッドレンジである。ラムナプ(レス)・レッドのような真のアグロデッキほど低くは無いが、対戦相手が除去を引いたりこのデッキの計画をダメにする前にまだ速く倒そうとすることである。

コンボ

《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》はこのデッキの中心パーツで、手札にあってもライブラリにあってもこのカードを悪用しようとするんだ。たくさんの大きなクリーチャーをプレイするので、大抵 12/12 トランプルをたった2マナで唱えることができ、そしてときどき《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha》のおかげで速攻で着地することもある。このことは、対戦相手に《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》や《排斥/Cast Out》のような確定除去か、この巨大なエルダー恐竜に対処するために盤面全部と交換しようとするか、どちらかを強制するになり巨大な脅威になる。同時に《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》の助けがあれば、ライブラリに《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》があることで対戦相手を倒すこともできる。

《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》は《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》にとって完璧なサポートカードだ。《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》を唱えれば、対戦相手は大抵勝ち目がない状況に押しやることになる。もしカードを引かせてくれれば、戦場に《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》があるとガルダのコストを6に下げるので、唱えられることになるであろうガルダを引かれるリスクを負う。他のクリーチャーと組み合わさると、《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》はだいたいはガルタをたった2マナにする。逆にもし《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》でカードを墓地に置くことを選択すれば、ガルタにヒットすると 12 点という大量ダメージになり、他のカードと組み合わさると 20 点ダメージをたった1枚の《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》で対戦相手に直撃させることが可能だ!

もちろん《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》と《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》の両方ともプレイするのにはリスクがある。《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》については、主な欠点は対戦相手が他のクリーチャーをなんとかして倒してしまうと、12マナの《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》は手札の中で腐り出し動けなくなってしまう。《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》については、主な問題は盤面で劣勢過ぎると、挽回するためには何の役にもたたなくなる。なぜなら対戦相手はただカードを3枚引かせてくれるだけで、アンタップ後、引いたカードを使って何かする前に倒してしまうからだ。しかしながらガルタと機械巨人の爆発的な潜在能力は、リスクよりも両方のカードをプレイするほうが価値がある。

恐竜

《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha》は《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》と一緒になると素晴らしく、それ自体でも堅牢なカードだ。《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha》によって5マナで合計7のパワーとタフネスが得られる(そして《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》のコストを5に下げ、もし戦場になにかクリーチャーがいれば2になる)だけでなく、《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》に速攻をも与えてくれる。《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》のような何かを2ターン目にプレイした後《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha》を4ターン目にプレイし、5ターン目に《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》を2マナでプレイできると、対戦相手を試すことになる。それは、《排斥/Cast Out》や《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》のようなインスタンス・スピードの回答を《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》に対してするか、もしくは盤面全体に満ちたクリーチャーでただちに負けるリスクを負うか、ということである。

《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha》ほど《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》計画に対して本質的ではないが、《切り裂き顎の猛竜/Ripjaw Raptor》もまだ非常に強いクリーチャーで、対戦相手が攻撃しにくくなる大きさが得られると同時に、ガルタのコスト削減と《凶暴な踏みつけ/Savage Stomp》や《無謀な怒り/Reckless Rage》と強力して潜在的に何枚かのカードを引けることさえある。4/5 に関しては、《切り裂き顎の猛竜/Ripjaw Raptor》は特に2マナのランプの助けで3ターン目に着地すると、アグロに対しては巨大なブロッカーになり、1~2ターン後《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》と《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》で逆転するくらい十分長くゲームの安定と遅延の助けになる。

《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》はメインではたった1枚だが、現在のスタンダードのメタでは本当に堅牢なカードだ。3マナ 3/4 はすでにマナ・カーブ上にあるし、もうひとつメインデッキに《王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift》と《キランの真意号/Heart of Kiran》をふっ飛ばす手段があることは有益だ。

ランプ

このデッキはかなり爆発的であることを考えると、2ターン目はより大きくもっと爆発的なプレイのためにランプすることに専念する。《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》は巨大な長所と巨大な短所がある。長所はマナも出せる《番狼/Watchwolf》になることが多いことで、特に《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》のコストを削減したいデッキにとっては、本当に強力なカードとなる。逆に《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》の欠点は、このフォーマットにあるどんな除去呪文でもとてもすぐ倒されることであり、2ターン目に《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》を唱えたゲームがあっても対戦相手はすぐに倒してしまい、手札にはプレイできない大量の高コストのカードが残されることになる。

《雷群れの渡り/Thunderherd Migration》は《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》が持つ除去ですぐ死ぬ問題を解決してくれるが、いくらかのダメージと《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》のコストを削減する 3/3 クリーチャーを得る長所は提供されない。そうは言っても、《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》と《雷群れの渡り/Thunderherd Migration》の組み合わせで8枚のランプ呪文があり、すべてのゲームで初期手札に少なくても1枚あることは、分の良い賭けということである。

除去と他のカード

《食餌+給餌/Mouth+Feed》は、普通スタンダードで見ないカードだから、おそらく奇妙に見えるカードだろう。しかしこのデッキには実際非常に良くフィットする。3マナで 3/3 を生成することはわくわくしないが、マナ・カーブを埋める助けにはなる。その後《食餌+給餌/Mouth+Feed》が墓地に置かれると、手札を再度補充するために余波を使うことができる。戦場に《大物群れの操り手/Drover of the Mighty》をパンプする恐竜がいるとすると、《レギサウルスの頭目/Regisaur Alpha》はパワー3以上のクリーチャーを2体産むことを含めて、このデッキのすべてのクリーチャーは少なくてもパワー3あることになる。つまり最悪でも《給餌/Feed》が《集中/Concentrate》になることは良くあることであり、ときおり新しい手札全部を引くこともある。

《食餌+給餌/Mouth+Feed》をこのデッキに入れる他の理由は、《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》と本当に良く働くからである。3マナと4マナで《食餌+給餌/Mouth+Feed》を唱えることができるが、《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》について考えている場合、《食餌+給餌/Mouth+Feed》は7マナのカードである。このことは、もし墓地に置くことが選択されるとおおきなダメージの塊が得られることになる。《食餌+給餌/Mouth+Feed》と《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》だけで 19 という大量のダメージとなり、他の土地ではないカードで対戦相手をライフ 20 点から倒すのに十分であるということである。

最後に、一握りの除去呪文がある。《凶暴な踏みつけ/Savage Stomp》と《無謀な怒り/Reckless Rage》は特に《切り裂き顎の猛竜/Ripjaw Raptor》と良く働く。なぜなら対戦相手のクリーチャーを1体倒すことに加え、両方のカードとも追加のカードが引ける激昂をも誘発する。しかしこのカードパワーは欠点もついてくる。もし対戦相手がどちらかの呪文に対応してクリーチャーを倒したら、全部の呪文は不発で終わってしまい、対戦相手はクリーチャーを残すことができる。一方《削剥/Abrade》は、《王神の贈り物/God-Pharaoh's Gift》と適当な機体をふっ飛ばすという長所もありながら、ゲーム序盤の脅威すべてに対処する手段となる。

結果

概して動画での対戦は 3-2 で終わったが、追加のマルドゥ機体との対戦で負けたので、合計は 3-3 になった。おそらくこのデッキの最大の課題は、不安定さがとても大きい傾向にあるということだ。右手が光れば、このデッキはばかばかしいほど強力で、道の上にあるものは何でも踏み潰すことができるように感じる。逆にランプばかり引いて動けるカードを引かないか高コストのフィニッシャーばかりでランプを引かないといった、ときどき伝統的なランプデッキの問題にぶつかることもある。こういうことが起きてしまうと負ける傾向にある。この問題は《原初の飢え、ガルタ/Ghalta, Primal Hunger》によってさらに悪化する。このカードはときおりこれ自体ですべてのゲームに勝てるくらい最高のカードであるか、唱えられない 12 マナ 12/12 として手札のなかで居座っている最悪のカードのどちらかになる。そういう訳で、どうやってこのデッキにもっと安定性を加えられるだろうか?

このデッキでたくさんゲームをプレイした後では、俺が一番欲しいと思うカードは《宝物の地図/Treasure Map》だ。《宝物の地図/Treasure Map》は最終的に大量の追加マナが得られる遅いランプカードであり、このデッキのランプテーマと良く働くだけでなく、ランプばかりで動けるカードがないか動くカードばかりでランプを引かず、釘付けになってしまうゲームの数を最小にする助けになる、ドローをスムーズにするランプガードでもある。このことは《宝物の地図/Treasure Map》の枠を作るために他のランプカードを何枚か減らす誘惑に駆られるが、最善の選択は何枚かの《食餌+給餌/Mouth+Feed》と多分《削剥/Abrade》以外の除去呪文を削れそうである。それ以外については、俺はガルタ機械巨人の budget 構築がどういうものであるかが明らかになったことがとてもうれしい。

要するに、ガルタ機械巨人は俺が望んでいるのよりもちょっと多く負けることもあるが、本当に楽しく、本当に爆発的なデッキだ。できれば、《宝物の地図/Treasure Map》を加えることで荒い部分をスムーズにし、デッキに一貫性をも得られるだろう。もし君が巨大なクリーチャーでビートダウンし、同時にときおり《焼却の機械巨人/Combustible Gearhulk》で直接 20 ダメージを直撃するコンボで対戦相手を倒すこともあるデッキが好きなら、ガルタ機械巨人をやってみろよ!

 

(おわり)