MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

【翻訳】シミック模写(Arena)

 先々週:バントランプ最強! ミシックで1位になったぜ(ドヤァ

先週:ケシス最強! バントランプとかないわw

今週:シミック模写がいい! ケシスとか遅すぎw


原文:

www.channelfireball.com

毎週スタンダードには、熱くて新しくてカッコいいデッキが出てくる。じゃあ、そのデッキはわくわくする? 今週はシミック模写を持ってきた。Grzegorz Kowalski のリストを見て、テストすることにしたんだ。僕は今このデッキが気に入っている。

チームメイトの Javier Dominguez のすぐ後ろの、ミシックの2位になった。

シミック模写

  • メイン
土地
4 繁殖池/Breeding Pool  
4 内陸の湾港/Hinterland Harbor  
2 神秘の神殿/Temple of Mystery  
8 森/Forest  
プレインズウォーカー
3 伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales (2)(緑)(青)
ソーサリー
4 模写/Quasiduplicate (1)(青)(青)
クリーチャー
4 翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger (1)(緑)(緑)
4 発現する浅瀬/Risen Reef (1)(緑)(青)
4 茨の騎兵/Cavalier of Thorns (2)(緑)(緑)(緑)
3 野茂み歩き/Wildgrowth Walker (1)(緑)
2 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis (X)(緑)(青)
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves (緑)
4 枝葉族のドルイド/Leafkin Druid (1)(緑)
インスタント
4 運命のきずな/Nexus of Fate (5)(青)(青)
  • サイドボード
1 野茂み歩き/Wildgrowth Walker (1)(緑)
2 ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis (X)(緑)(青)
3 夏の帳/Veil of Summer (緑)
1 世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World (3)(緑)(緑)
2 否認/Negate (1)(青)
2 選択的な罠/Selective Snare (X)(青)
2 霊気の疾風/Aether Gust (1)(青)
2 打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon (1)(緑)(緑)

そうは見えないかもしれないが、コンボデッキだ。《運命のきずな/Nexus of Fate》と、《茨の騎兵/Cavalier of Thorns》と《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》で積極的にライブラリを削るか、《発現する浅瀬/Risen Reef》+《模写/Quasiduplicate》で積極的にカードを引けるおかげで、すぐにデッキに《運命のきずな/Nexus of Fate》を4枚しか残さなくなる。そこから勝つことは簡単だ。

https://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=454096&type=card

スタンダードではたくさんのことをしないカードだが、《発現する浅瀬/Risen Reef》と《茨の騎兵/Cavalier of Thorns》が出てきてからは、ひょっこり現れてきた。《発現する浅瀬/Risen Reef》の束があることは素晴らしいし、《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》と《茨の騎兵/Cavalier of Thorns》で《模写/Quasiduplicate》を複数枚削ることで、タダで価値を得ることもできる。

このデッキは5ターン目に始めることができるので、どんな遅い《死者の原野/Field of the Dead》に対しても優れているし、シミック・ネクサスとケシス・コンボに対しても、レースになる。

吸血鬼と赤単に対しては、引けた《茨の騎兵/Cavalier of Thorns》の枚数に大きく依存する。《茨の騎兵/Cavalier of Thorns》は対戦相手がすることに止めるのに、信じられないくらい優れているし、倒すのが難しいので、《模写/Quasiduplicate》の対象にしても安全だ。

《発現する浅瀬/Risen Reef》は、土地を引く代わりにランプでき、ほかのすべてのエレメンタルとも働くので、《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》よりずっと優れている。《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》は、デッキを機能させるクリーチャーとして必要で、《模写/Quasiduplicate》と働かせるために、必要悪なカードだ。《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》は、このデッキではシナジーがあるそこそこのカードだ。もちろん《翡翠光のレインジャー/Jadelight Ranger》とシナジーがあることは明らかだが、《発現する浅瀬/Risen Reef》とシナジーがあるエレメンタルでもある。

サイドボードガイド

死者の荒野デッキ

OUT:
《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》

IN:
《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》

この対戦は非常に優れており、特別必要なものは無い。《戦争の犠牲/Casualties of War》に対しては、僕は《夏の帳/Veil of Summer》をサイドインするだろう。それ以外では、このデッキの中心にあまり触れないだろう。

在りし日のスゥルタイ・ミッドレンジで知られている《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》は、ゾンビの圧迫を止めることができるし、コンボを始めるのに時間が掛かりそうならターンを稼ぐことができるが、ミッドレンジに対して悪い。

エスパー

OUT:

《模写/Quasiduplicate》×4
《運命のきずな/Nexus of Fate》×2
《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》×1

IN:
《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》×2
《夏の帳/Veil of Summer》×3
《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》×1
《否認/Negate》×1

エスパーに対しては、僕は計画を変更して、多くのマナと4枚の《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》が入ったシミック・ランプのようにプレイする。《時を解す者、テフェリー/Teferi, Time Raveler》に対して非常に悪いので、《夏の帳/Veil of Summer》と《否認/Negate》を全部入れる必要があるか、僕にはまだ分かっていない。

《模写/Quasiduplicate》は、唱えたときに対応されて2対1交換になるので、除去が多く入っているデッキに対しては悪い。《運命のきずな/Nexus of Fate》は酷く高コストになることがある。それでもまだ、僕は全部抜こうとは面縄内が、2枚に減らしている。

最初、僕は《ケイヤの怒り/Kaya's Wrath》を恐れて《ラノワールのエルフ/Llanowar Elves》をサイドアウトしていたが、2ターン目にできるだけ脅威をプレイしたいので、残しておくことが重要だと思った。

吸血鬼

OUT:
《運命のきずな/Nexus of Fate》×3
IN:
《選択的な罠/Selective Snare》×2
《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》×1

《選択的な罠/Selective Snare》は Kowalzki が発見したカードで、僕は《川の叱責/River's Rebuke》は嫌いだが、《選択的な罠/Selective Snare》は好きだ。この対戦とジャンド恐竜しか良くないが、極めて重要なターンを得るか、ソリンで《薄暮の勇者/Champion of Dusk》へ始めることを壊すことができる。先手では《運命のきずな/Nexus of Fate》を2枚しか使わないし、《軍団の最期/Legion's End》がプレイされるので、《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》を3枚しかプレイしないが、最近こうするようにした。

主に《茨の騎兵/Cavalier of Thorns》が十分な時間を稼ぐので、この対戦ではずっと成功している。

赤単

OUT:
《運命のきずな/Nexus of Fate》×4
《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》×2
《模写/Quasiduplicate》×1

IN:
《野茂み歩き/Wildgrowth Walker》×1
《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》×2
《霊気の疾風/Aether Gust》×2
《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》×2

《茨の騎兵/Cavalier of Thorns》がでかく、加えて《模写/Quasiduplicate》でゲームオーバーにできるが、この対戦は非常に厳しい。

僕はしばらくの間《紺碧のドレイク/Cerulean Drake》をプレイしていたが、非常につまらないカードだったし(《模写/Quasiduplicate》でコピーできるが)、《実験の狂乱/Experimental Frenzy》で多くのゲームに負けていた。《打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon》に変えて、シミックネクサスに対して良くなったと思う。

僕は今週は本当にこのデッキが好きだ。現在のメタに対して推奨するよ。

 

(おわり)