MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

雑にイクサラン後のメタを予想してみる

Budget Magicは今週もモダンでした(白目)。来週はスタンダードやるらしいです、多分イクラサン・アップデートだと思いますが。仕方ないので、正直言って得意ではないのですが、イクサラン後のメタ予想でもします。私はクソ雑魚ナメクジプレイヤーなので(ry

 

イクサランリリース直後

いつものように、環境初期はアグロデッキが台頭する。ラムナプ・レッドと赤緑打撃体。ティムール・エネルギーは普通にメタ上位に存在。それと海賊と恐竜の5つのアーキタイプで80%くらい占めると思います。

プロツアーくらい

ラムナプレッドは対策されまくって厳しい位置。ティムール・エネルギーは高マナ域は恐竜というフィニッシャーが入るかもだが(しかしヒドラとドラゴンで入る場所は無いかも)、動きがイマイチ弱い1~3マナ域があまり強化されないのと、エネルギー以外のカードを入れ過ぎると本来のエネルギー関連のカードが弱くなるというジレンマを抱えて、イマイチTopになりきれないTier1.5という位置。恐竜は強いランプ系カードを失っているため、安定度を欠くと理由でプロはあまり使用しないと予想(やたらとCFBなどで恐竜デッキの記事が多いもの理由の1つ)。白青系コントロール(ギフトと副陽)は墓地対策とアーティファクト対策が強化されたため、死滅。マルドゥ機体も、スレイベンのロストとマナ基盤の不安定さでTier3~メタ外。最終的に柔軟に対処ができる、海賊クロックパーミッションがTier1に。

プロツアー後

海賊クロックパーミッションの対策に、重コントロールの青赤、青黒系コントロールが出てくる。コントロールが出てくると恐竜が復活。というように、メタが回りだす。ティムールエネルギーはTier2の位置からイマイチパッとしない状態が続く。そんな状況に中、伝説のエンチャントを中心に据えたグリクシスミッドレンジという新たなアーキタイプが出てくる。なお、吸血鬼とマーフォークは最後まで全くメタに出てこない。

 

かなり無茶苦茶な予想ですが、このくらい大胆なほうが白黒付いていいよね? 3か月後をお楽しみにw