MTG翻訳したいブログ

主に金魚(mtggoldfish.com)にある需要のなさそうな記事を翻訳する俺得ブログ

【翻訳】Against the Odds:プレインズウォーカー起源の波コンボ(Arena)

モダンではなく、スタンダードです。


原文

www.mtggoldfish.com

やぁみんな。第188回目の Against the Odds へようこそ! 灯争戦争はここにある! そういう訳で、新しいスタンダードの探検を Against the Odds の特別回で始めよう! 灯争戦争の土台は何だったっけ? もちろんプレインズウォーカーだ! 今日はプレインズウォーカーで勝とうとするだけでなく、《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》の助けで、大量のプレインズウォーカー(と他の伝説)を一度に戦場に出すコンボをしよう。最終的な結果は、(《起源の波/Genesis Wave》に敬意を表して)プレインズウォーカー起源の波コンボと呼ばれるデッキだ。どのプレインズウォーカーと伝説の組み合わせで、《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》によるコンボで倒すことができるのか? プレインズウォーカー起源の波コンボの勝率はどのくらいなのか? 動画に行って見てみよう。その後でこのデッキについてもっと話をしよう!

動画

 youtu.be

プレインズウォーカー起源の波コンボ

  • メイン
土地
4 繁殖池/Breeding Pool  
4 湿った墓/Watery Grave  
2 水没した地下墓地/Drowned Catacomb  
3 森/Forest  
4 草むした墓/Overgrown Tomb  
1 島/Island  
4 内陸の湾港/Hinterland Harbor  
1 沼/Swamp  
4 森林の墓地/Woodland Cemetery  
プレインズウォーカー
3 伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales (2)(緑)(青)
4 神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries (1)(青)(青)(青)
1 人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable (6)
3 世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World (3)(緑)(緑)
1 戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General (4)(黒)(黒)
ソーサリー
3 灰からの成長/Grow from the Ashes (2)(緑)
4 カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow (X)(緑)(緑)
クリーチャー
1 生命素ハイドラ/Bioessence Hydra (3)(緑)(青)
3 永遠神バントゥ/God-Eternal Bontu (3)(黒)(黒)
エンチャント
2 アズカンタの探索/Search for Azcanta (1)(青)
インスタント
2 ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt (2)(黒)(黒)
2 オブ・ニクシリスの残虐/Ob Nixilis's Cruelty (2)(黒)
2 喪心/Cast Down (1)(黒)
4 成長のらせん/Growth Spiral (緑)(青)
  • サイドボード
1 強迫/Duress (黒)
2 渇望の時/Moment of Craving (1)(黒)
1 オブ・ニクシリスの残虐/Ob Nixilis's Cruelty (2)(黒)
2 煤の儀式/Ritual of Soot (2)(黒)(黒)
1 魔術遠眼鏡/Sorcerous Spyglass (2)
4 思考消去/Thought Erasure (青)(黒)
2 打ち壊すブロントドン/Thrashing Brontodon (1)(緑)(緑)
2 ヨーグモスの不義提案/Yawgmoth's Vile Offering (4)(黒)

デッキ

プレインズウォーカー起源の波コンボは、基本的にはスーパーフレンズとコンボのハイブリッド・デッキだ。時々大量のプレインズウォーカーをプレイして対戦相手とのリソース差で勝つことがあるが、主な計画は、ゲームにすぐ勝つことができる、全く攻撃をする必要が無い特定のカードの組み合わせを組み立てることだ! おそらくこのデッキを詳しく説明する最も簡単な方法は、ひとつずつコンボをさらうことだろう。

コンボのステップ1は、大きな《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》を唱えることだ。《成長のらせん/Growth Spiral》と《灰からの成長/Grow from the Ashes》といったランプするカードもあるが、巨大な《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》を唱える最高の方法は、《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》だ。ニッサは《森》が産むマナをすべて倍にするので、ゲームの早いうちに巨大な《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》を唱えることを簡単にする。土地をクリーチャーに変えることはリスクがあるが、ニッサの +1 の能力は、追加のマナを産むことができるので有益だ。《森》からマナを出し、《世界を揺るがす者、ニッサ/Nissa, Who Shakes the World》で速攻を持つクリーチャーにし(そしてアンタップして)、その後でもう一度タップすることで、1枚の《森》から4マナを産むことができる!

最終的に《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》を解決すると、最低限でもたくさんの価値を産み、戦場に大量のアンタップ土地と、追加でプレインズウォーカーと伝説も得られる期待もできる。しかしながら、本当はコンボを継続することができる、特定の1枚のプレインズウォーカーが当たることを期待している。

モダンにおける《起源の波/Genesis Wave》デッキが使うトリックには、《起源の波/Genesis Wave》を使って《永遠の証人/Eternal Witness》と大量の土地を見つけ、その後《永遠の証人/Eternal Witness》を使って《起源の波/Genesis Wave》を墓地から戻し、すぐにもう一度唱えることだ。《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》は《永遠の証人/Eternal Witness》だ。《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》でタミヨウを当てることができれば、すぐに -3 して《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》を墓地から戻すことができる。そして1枚目の《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》で土地が何枚か当たることを仮定するが、すぐに《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》をもう一度唱えてこの過程を繰り返すことができる。もしもう一枚《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》と土地が当たれば、最終的にデッキのすべてか大半を引くまで、同じ計画をやることができる。そしてライブラリが空になることが、実際このコンボで勝つ重要な部分になる。他のことについては、《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》で手札破壊と(《アングラスの憤怒/Angrath's Fury》や《最古再誕/The Eldest Reborn》という、プレインズウォーカーに対する優れた)除去から守りながら、デッキを掘り進めて《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》と他のコンボパーツを見つけることができる。

 実際にこのコンボでゲームに勝つためには、さらに2枚のカードを探す必要がある。《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》と《永遠神バントゥ/God-Eternal Bontu》だ。このアイデアはとても単純だ。《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》で戦場に大量のパーマネント(主に土地)を出しながら、《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》で自分のデッキも破壊する助けになる。それで、《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》で《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》と《永遠神バントゥ/God-Eternal Bontu》すると、《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》の《研究室の偏執狂/Laboratory Maniac》の常在能力で、ただちにゲームに勝つことができる。《永遠神バントゥ/God-Eternal Bontu》は単純に、デッキを全部引き《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》でゲームに勝つくらい、すべての土地と適当なパーマネントを何でも生け贄に捧げるだけだ! 対戦相手がこのコンボに対応しようとするなら(例えば、《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》を倒す)、《永遠神バントゥ/God-Eternal Bontu》で生け贄にする物を選ぶ前にする必要があるということを、注意しておくことも重要だろう。だからもし何かが間違ったら、すべてを生け贄に捧げず、他の方法でゲームに勝とうとすることを選ぶこともできる(別の《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》や、《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》を使って墓地から《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》を手札に戻して再度コンボをする)。

《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》と《戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General》は、本当はコンボに対して何もしないが、伝説のプレインズウォーカーなので、《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》で当たる対象になる。もっと重要なことは、本質的には《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》で引くことができる除去呪文だということだ。《戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General》は2体のクリーチャーを倒し、《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》はどんな色付きパーマネントを破壊できる。両方のプレインズウォーカーとも、2/2 を作ることもでき、他のプレインズウォーカーを生き残らせながら、コンボを準備するブロッカーになる。

《生命素ハイドラ/Bioessence Hydra》はたった1枚だが、ゲームに勝つバックアップの計画になる。《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》で《生命素ハイドラ/Bioessence Hydra》は、伝説ではないので当たらないが、《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》で墓地に落とした後、《伝承の収集者、タミヨウ/Tamiyo, Collector of Tales》を使って墓地から戻すことができる。その後、最終的に巨大な(大抵 20/20 や 30/30)トランプルで、たった1~2回の攻撃でゲームに勝つことができる。

《喪心/Cast Down》と《オブ・ニクシリスの残虐/Ob Nixilis's Cruelty》と《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》は、ゲームの序盤で対戦相手のクリーチャーを対処する除去呪文だ。《オブ・ニクシリスの残虐/Ob Nixilis's Cruelty》と《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》は両方とも追加の長所があり、《オブ・ニクシリスの残虐/Ob Nixilis's Cruelty》は《再燃するフェニックス/Rekindling Phoenix》のような脅威を追放し、《ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt》はうるさいクリーチャーに加え、プレインズウォーカーも追放できる。

最後ではないが、《アズカンタの探索/Search for Azcanta》は、ゲーム序盤ではドローをスムーズにし、最終的にライブラリを掘り進めてコンボパーツを探すことができる土地に裏返る。追加のボーナスとして、《アズカンタの探索/Search for Azcanta》は伝説なので、《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》で戦場に置くことができる。

対戦

理論的に、安定したドローをすると、プレインズウォーカー起源の波コンボは、ある対戦では他より早いこともあるが、スタンダードのどんなトップデッキとも戦うことができる。赤単アグロのような高速アグロは、プレインズウォーカーを戦場に保って《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》を唱えることは難しく、何も意味のあることをできる前に負ける可能性があるので、問題になりうる。逆に、コントロールや遅いミッドレンジのデッキは、強力なことがたくさんあるので、ずっと簡単だ。そして、たとえコンボを差し引いても、プレインズウォーカーを1、2体着地させられれば、カードアドバンテージで追い抜くくらい価値を産むことができ、結果的にそのゲームを終わらせられることになる。

勝率

概して、プレインズウォーカー起源の波コンボで5回対戦して、結果は 4-1 となり勝率 80% という良い結果だった。この結果は、プレインズウォーカー起源の波コンボは Against the Odds のデッキの中では、平均よりかなり上だったことになる。もっと重要なことは、実際にコンボで数ゲーム勝ったことだ。対戦相手がプレインズウォーカーを倒すことができなかったゲームもいくつかあったが、《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》を使って《永遠神バントゥ/God-Eternal Bontu》や《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》を見つける計画は、十分良く働いた! 明らかに、《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》をスタンダードでプレイアブルにしているすべてのことは、36枚ものプレインズウォーカー、新しい《永遠の証人/Eternal Witness》こと《カマールのドルイド的誓約/Kamahl's Druidic Vow》、そしてサーチ可能なコンボだ! もし君がデッキ全部を1ターンで引き、《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》で勝ちたいなら、プレインズウォーカー起源の波コンボは、奇妙に競技的で、超楽しいと思うよ。

来週の候補

https://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=462380&type=card

https://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=462326&type=card

https://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=462308&type=card

https://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=462271&type=card

https://gatherer.wizards.com/Handlers/Image.ashx?multiverseid=462406&type=card

(おわり)